美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容室の効率アップ!高機能POSのメリットと選び方

HOME > お役立ち情報 > 美容室の効率アップ!高機能POSのメリットと選び方
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容室で高機能のPOSを使えば、スタッフ管理や顧客対応を効率良く行えて、経営状況の分析も可能となります。美容室にとってPOSの導入はコストがかかりますが、それ以上のメリットを得ることが可能です。 美容室に適した高機能のPOSも登場し、故障時の対応や使い方のレクチャーといったサポートが充実している事業者もあります。

目次
・高機能POSはコスト以上に美容室のパフォーマンスを改善する
・高機能なPOSを美容室に導入する3つのメリット
 ・高機能カルテを作成し分析することで顧客満足度向上
 ・POSで美容師の勤怠管理とデータ分析が可能に
 ・美容室の経営状況をリアルタイムで一括管理可能
・美容室向け高機能POSの選び方
 ・高機能さのみならず充実したサポート体制も重要
 ・従業員とお客様の目線で見て使いやすいか
 ・美容室に欠かせないキャッシュレス決済も実現
・高機能POSが美容室とお客様に大きなメリットをもたらす


高機能POSはコスト以上に美容室のパフォーマンスを改善する


POSとはPoint Of Sales systemの略で、レジと組み合わせることで美容室にメリットをもたらす装置です。レジで行えるのは主に金額の計算とドロアーへのお金の収納ですが、POSならバーコードを読み取って在庫管理したり、お客様の属性を分析して経営判断に活かしたりすることも可能です。現在はインターネット上のクラウドと連携する高機能なPOSが一般的で、スマホアプリやユーザーサポートも充実しています。

高機能なPOSを美容室に導入する3つのメリット

美容室に高機能POSを導入するメリットはおおまかに3つあります。
第1に、美容室のお客様にカルテを発行し、年齢やオーダーが多いスタイル、薬剤などの情報をPOSで管理できることです。お客様のニーズをあらかじめ把握できるため、無駄な在庫や人員を抱えるおそれがありません。ポイントカードを発行してリピートを促すことも可能です。
第2に、POSで美容室の日報やスタッフの勤怠管理を作成し、分析にも活用できることがメリットです。どの顧客にどの美容師が対応することが多いか、来客が多い曜日や時間帯はいつかなどを高機能なPOSで知ることができます。タイムカード打刻にも対応しており、POSを勤怠管理に使うことも可能です。
第3のメリットは、美容室の売上や在庫、金銭などをPOSでリアルタイム管理するとともに、確定申告のデータ作成も行えることです。美容室を1店舗のみ経営している場合はもちろん、複数の美容室を経営していても高機能POSならば一括して管理・分析できます。
もっとも、高機能なPOSにもデメリットは存在します。事業者によっては初期費用や月額料金が高く、美容室の負担となることがあります。また、停電の際は使えなくなるため、全てをPOSに頼らず紙の帳簿を併用するなどの対策も必要でしょう。

高機能のカルテを作成し分析することで顧客満足度向上を実現

美容室はスーパーなどの小売店と違って頻繁な在庫の変動がありませんが、POSには高機能な顧客管理システムが求められます。Sacla PREMIUMの場合は、お客様の情報をカルテとして保存することで、予約や来店履歴の管理に活用可能です。
POSのカルテは顧客の履歴となるだけではなく、美容室への来店動機といったアンケート情報も保存できるため、顧客ニーズの分析に使うことができます。美容室向けPOSは精算時に次回予約を行ったり、サービス券やクーポンを発行できるなど高機能であり、顧客満足度の向上が可能です。

POSで美容師の勤怠管理とデータ分析が可能に

高機能POSが行えるのは顧客情報と在庫の管理だけではありません。美容室に勤務する美容師一人ひとりのデータをPOSで扱えるため、画面上で勤務表を作成して管理したり、タイムカードを発行したりすることが可能です。データとしてPOSに残すことで、労働トラブルを防げます。
また、高機能POSではそれぞれの美容師ごとの売上情報を見ることもできますし、強みと弱みの分析も行えます。通信簿形式にして画面表示または印刷することもできるため、美容室全体で各美容師の改善点を話し合うことで、モチベーション向上につながるでしょう。

美容室の経営状況をリアルタイムで一括管理可能

POSが従来のレジより高機能な点は、複数店舗のデータを一括して管理できることです。売上や顧客情報の管理に加えて、従業員のデータや会計なども全美容室でリアルタイム共有可能です。経営分析と確定申告の補助も行えるため、複数の美容室を経営している場合は高機能POSが欠かせません。
一つの美容室だけを経営する場合も、高機能な複数店舗管理対応のPOSが有効です。美容室の人気が高まれば新しい店を出すこともありますが、店舗ごとではなく事業全体で経営判断を行うことが望ましいため、ある程度高機能なPOSを導入しておけば将来への投資となります。

美容室向け高機能POSの選び方は?

費用以外でPOS選びの際に最も考慮すべき要素は、使いやすさです。いくら高機能でも、使わない機能ばかりではPOSを操作しにくくなりますし、スタッフを雇う場合は教育にも時間がかかります。スマホやタブレットと同じく高機能のタッチパネルを搭載したPOSならば、操作に戸惑うことが少なくなります。
美容室にPOSを導入するなら、電話とPOSを連携させられるCTIや、お客様のヘアスタイルを写真で保存できるフォトカルテなど高機能システムを搭載した製品を選ぶことが大切です。Sacla PREMIUMのように、美容室に必要な機能が揃った高機能POSが商品化されています。
高機能なPOSだからこそトラブルも想定されますので、サポート体制も確認しましょう。電話とリモートで問い合わせに応じてくれることはもちろん、スタッフが美容室に駈けつけるオンサイト保守に対応していることも重要です。

POSは高機能さのみならず充実したサポート体制も重要!

美容室で高機能POSを使う場合はレンタル契約を結ぶことが一般的ですが、契約に保守管理などのサポートが含まれる事業者を選ぶのが安心です。POSが故障した際にリモート操作で復旧作業を行えることと、それでも解決できない場合に美容室に急行して復旧作業するオンサイト保守は必須と言えます。
また、可能であればトラブル発生時以外にも高機能なPOSの使い方をアドバイスしてくれたり、美容室の生産性向上について専任インストラクターに相談できたりするPOS事業者が望ましいでしょう。よって、全国に拠点があるPOS事業者が選択肢となります。

POSは従業員とお客様の目線で見て使いやすいか?

POSは高機能であることに加えて直感的な操作をできることが求められ、従業員として美容師を雇っている場合は特に重要です。タッチパネルが搭載されており、表示されたアイコンを見るだけで操作方法を理解できる、シンプルかつ色鮮やかな画面のPOSを選びましょう。
また、美容室側だけでなくお客様にとっても使いやすいPOSであることを意識してください。会計時に金額がわかりやすく表示されることはもちろん、リライト可能なポイントカードを使える、スマホをかざすだけでメールアドレスを登録できるといった機能があれば親切です。

美容室に欠かせないキャッシュレス決済も実現!

利便性と衛生上の理由で、クレジットカードや交通系ICカードなどキャッシュレス決済を求めるお客様が増えています。Sacla PREMIUMはオプションでキャッシュレス決済に対応可能です。美容室側にも売上履歴を確認しやすくなるメリットがあります。 POSのキャッシュレス決済では支払いごとに加盟店手数料が発生します。具体的な料率はPOS事業者への問い合わせが必要ですが、美容室は少ない負担で済むことがほとんどです。現金管理の手間がなくなりPOSで高機能な経営分析を利用できるため、メリットのほうが大きいと考えられます。

高機能POSが美容室とお客様に大きなメリットをもたらす!


個人経営の美容室にとってはコスト削減が重要なため、高機能のPOSを導入することに躊躇する方もいるかもしれません。しかしPOSは人件費をかけずに勤怠管理や経営分析できるメリットがあるため、費用以上のメリットを美容室にもたらすと言えます。 美容室へのPOS導入は、お客様にとってもメリットとなります。高機能なカルテを分析することで美容室がニーズを把握してくれますし、キャッシュレスやポイントサービスもPOSで実現できるためです。美容室で使うことを想定した高機能POSもありますから、まずは事業者に相談してください。

美容室の顧客管理・経営・販促に関するご相談はサロンPOSシステムのSCATへ
お問い合わせはこちら
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム