美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

POSはオプションでさらに便利になる!美容室での活用方法は?

HOME > お役立ち情報 > POSはオプションでさらに便利になる!美容室での活用方法は?
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
近年では美容室ではPOSレジが必要不可欠にもなっており、POSレジだけでも多くの機能を果たしてくれるものも非常に多くあります。
ですが、それだけではなくオプションをつけることでさらに利便性が向上し、スタッフだけでなくお客様にもメリットをもたらします。今回はそんなオプション機能について詳しく解説していきます。

タブレット端末と併用することで利便性アップ!


スーパーやコンビニで誰もが目にしたことがあるPOSレジですが、どのように機能するかご存じでしょうか。POSはお金の計算をできるだけでなく、商品のバーコードを読み取ると自動的に在庫を管理してくれたり、会計情報を処理したり書類を作成したりもできるものです。
美容室の場合は、POSをスタッフの勤怠管理に使ったり、お客様のヘアスタイルをカルテとして保存したりできます。また、タブレットを活用すれば、ヘアカタログを直接お客様にお見せしたり、画面上でアンケートを取ったりすることが可能です。

美容室ならではのタブレットの使い方

簡単にPOSの仕組みをおさらいしましょう。POSとは販売管理システムを意味する英語の略称です。誤解されることも多いですが、お金の計算をするレジスターはPOSそのものではありません。ただ、現在はPOSと一体化したPOSレジが使われることがほとんどです。
美容室は小売店と違って、頻繁に会計処理が行われるわけではありません。かわりにPOSに求められる機能は、勤務時間などスタッフの管理と、お客様のヘアスタイルをカルテとして保存する機能です。もちろん、ヘアスタイル剤などの在庫管理と会計処理もPOSで行えます。
具体的には、フロントのPOSレジにはお客様のカルテなど重要なデータを保存しておき、タブレットのアプリで美容室のどこにいてもカルテを参照できるようにするといった使い方です。また、美容室側が使うだけでなく、お客様にタブレットを使っていただくことも考えられます。

タブレットは持ち運べることでサロンワークが便利に!

美容室向けのPOSレジはフロントに設置して使われることがほとんどです。他の業態と同じようにPOSで会計処理を行ったり、ポイントカードやクーポンを発行するという利用方法があります。美容室特有のPOSの使い方として挙げられるのは、タブレットを子機として使うことです。
個人経営など少人数で運営する美容室は、常にお客様に密着することが求められます。タブレットがあれば、お客様にお見せしながら次回の予約について話し合ったり、その場で金額を提示する事前会計を行ったりすることも可能です。

ヘアスタイルの提案やペーパーレス会員登録が可能

先ほど述べたように、小売店ではPOSが商品管理に使われます。美容室では物販が少なく、お客様とのコミュニケーションがPOSの用途です。施術の状況をカルテとして記録したり、タブレットヘアスタイルを表示して話し合いながらカットを行うといった使い方です。
持ち運べるタブレットなら、美容師がカルテを確認しながらカットすることができますし、雑誌で見たヘアスタイルをスキャンして取り込んでおくことも可能です。また、美容室の新規会員登録もタブレットから登録できるため、紙を削減することができます。紙がないと経費を削減できるだけでなく、処分にも困りませんので個人情報保護の観点からも、メリットは大きいです。

カウンセリングもタブレットでできる!

美容室に適したPOSの中には、タブレットを使ってお客様の深いニーズを満たすことができる機能があります。たとえば、SBWEBには、施術前後の写真をフォトカルテとして保存できる機能もあります。「前回と同じで」という要望があった場合、フォトカルテがあればよりお客様の理想に近づくことができます。
お客様はヘアカットのためだけに美容室を訪れるのではありません。理想のスタイル、さらに言えば理想の生き方を実現することが目的です。POSをタブレットとしてお客様にもご覧いただくことで、一緒に理想を作り上げるお手伝いができるでしょう。

美容室向けPOSレジならではのオプション機能も

次にその他のオプション機能も見ていきましょう。オプション機能は必要になった都度で追加できるものがほとんどです。開業したばかりの頃は必要ないと思っていたものでも、サロンの経営をしていくなかで必要になってくるものもあるかと思います。
いろいろなオプションの情報を収集しておくことで、スムーズに追加することができます。また、POSレジを選ぶ際に「オプション」という軸から見てみることも大切です。他のサービスを使用していないと使えないものあるので契約前にPOS事業者に問い合わせましょう。

電話応対の効率がアップするCTIシステム

ネットからの予約が主流になりつつありますが、それでもサロンでの電話対応がなくなることがありません。予約時間の変更や直前のキャンセルなど電話の要件は多岐にわたります。
そんなときの便利なのはCTIシステムです。電話がかかってくると登録情報のあるお客様であれば画面に情報がでてきます。直近の来店情報や未来の予約情報などが見れるので、電話対応の質を上げることができスタッフが電話対応にかける時間を削減することがもできます。
また、電話応対しながらダイレクトに予約を入力することができます。直近の来店情報や予約情報などが見れるので、電話応対が大変楽になります。そのままダイレクトに予約の入力へとつなげられるので、電話口でお客様をお待たせすることがなく、お客様の満足度アップにも繋がります。

会計をスムーズにするオプション

会計はどのお客様にも発生する作業であり、お客様のためにもスムーズに会計を行うことは必須ともいえます。
お客様にもわかりやすく金額を表示したいなら、カスタマーディスプレイを活用しましょう。会計時に店員さんに金額を言われ、財布の中を確認しているうちにいくらか忘れてしまう。そんな経験はありませんか?項目と金額をそれぞれ表示してくれるので、どの数字が何の金額なのかがわかりやすく提示でき、お客様にとっても親切です。
美容室での会計はメニューの組み合わせによっては高額にもなりますしクレジットカード決済に対応していると喜ばれるでしょう。また、新型コロナウイルスとの影響によりなるべく接触を避けようとする動きも非常に活発ですし、QRコード決済への対応も必要になってくるのではないでしょうか。

煩雑な予約の一元管理を可能に!

予約を受けるパターンは多岐にわたります。電話、自社サイト、自社アプリ、他社ポータルサイトが挙げられます。定期的にチェックし管理をしていたとしてもタッチの差でダブルブッキングが起きてしまうことも少なくはないのでしょうか。
そんなときに便利なのが予約の一元管理システムです。さまざまなルートから来る予約を一元管理することでダブルブッキングを防ぎ、スタッフの予約状況のチェックにかけていた時間を減らすこともでき施術に集中することができます。
また各予約サイトにスタッフのシフトを入力する工程も一元管理なら入力が1回で済みますし、スタッフの手間がなくなります。

便利な機能を組み合わせて美容室の経営を楽しくする!


美容室のスタッフ管理と会計が便利になるPOSレジは、オプションを活用することで最大限に活用でき、業務効率がアップし経営が楽しくなります。知らなかった!で済ませてしまうのはもったいないものばかりです。
しかしながら、オプションは無料でつけられるものばかりではありません。自分のサロンに必要なもの、必要でないものをしっかりと検討することが大切です。不要なものにお金を払うのは無意味ですし、経営が傾く要因にもなりかねません。オプションが込みのPOSレジやこのほかにも様々なオプションもありますので念入りに情報収集し、自サロンに合ったものを選ぶことが大切です。

美容室の顧客管理・経営・販促に関するご相談はサロンPOSシステムのSCATへ
お問い合わせはこちら
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム