美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容サロン経営の失敗しないやり方とは?成功するために重要なポイントを解説

HOME > お役立ち情報 > 美容サロン経営の失敗しないやり方とは?成功するために重要なポイントを解説
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容サロンの数が増えている現在、美容サロンを経営して生計を立てていくのは簡単なことではありません。しかし、陥りやすい失敗について事前に学び、それを避けた経営を行なっていけば、失敗を最小限にできるでしょう。
そこでこの記事では、美容サロンを経営していくにあたって陥りやすい失敗や、美容サロンの経営で重要なポイントを詳しくチェックしていきます。

目次
・美容サロンを経営するのは難しい?
・美容サロンを経営する時に陥りがちな失敗
 ・広告費にお金をかけすぎる
 ・利益率が低い
 ・労働環境が悪い
・失敗しない失敗しないために押さえておきたいポイント!
 ・Webでのこまめな情報発信
 ・周辺の調査は念入りに
 ・リピーターを大切にする
・ポイントを押さえて美容サロン経営を成功させよう!

美容サロンを経営するのは難しい?失敗しないやり方を見つけよう


美容サロンの数は年々増加しています。一方で、倒産や休廃業を余儀なくされる美容サロンも増加傾向にあるのです。店舗数が増加したことで競争が激化し、美容サロンの経営を始めても失敗してしまうケースが増えているといえるでしょう。
せっかく希望を持って始める美容サロンですから、失敗せずに続けていきたいですよね。そのためにも、経営者が陥ってしまいがちな失敗や、失敗しないためのポイントを学び、成功につなげていきましょう。

美容サロンを経営する時に陥りがちな失敗とは?

まずは、美容サロンを経営する時に陥りがちな失敗を見ていきましょう。
独立して美容サロンを経営していこうと考えている人は、美容師としてはかなりレベルの高い人であるはずです。しかし、経営者としてはまだ初心者も同然なので、失敗してしまうのも無理はありません。けれども、美容サロンの経営はゲームのように失敗したらもう一度最初からやり直すというわけにはいきませんよね。
そこで、事前に陥りがちな失敗について学び、同じ失敗をしないようにすれば、失敗する可能性を下げられます。
美容サロンを経営していく中で多い失敗は、数字に関することです。独立を目指す多くの美容師は、カットやスタイリングの技術に関しては勉強しますが、経営についてあまり意識していない場合が多いです。例え在籍している美容サロンで重要なポジションについていたとしても、やはり経営者とは立場が違います。美容サロンを経営していくには、スタッフとしての視点だけでなく、経営者としての視点も同時に持たなければなりません。客単価や備品などにかかる経費、メニューの利益率など、様々な事柄を数字としてチェックし、適宜改善していかなければならないのです。

広告費にお金をかけすぎる

せっかくお店を構えたから、早く知名度を上げてお客様に来てもらいたい!と思うのも当然です。しかし、そのために高いお金を払って雑誌に広告を掲載したり、大量にチラシを発注したりしていないでしょうか。確かに集客率を上げるには広告を出して知名度を上げるのが近道です。だからといって、むやみに広告を出して、広告費にお金をかけすぎると費用対効果が悪くなってしまいます。
知名度を上げる手段は、お金をかけて広告を出すことだけではありません。自分のお店とニーズが合致する顧客に向けてアピールできる最適な広告媒体を選別し、効果的な集客を行いましょう。

利益率が低い

美容サロンの経営を始めたばかりの人は、どうしてもその日、その月の売り上げに意識が向いてしまい、売り上げの増減で一喜一憂してしまいがちです。しかし、経営において本当に重要なのは「利益率」なのです。
売り上げから薬剤などの原価や人件費などを引いたものを「利益」と言い、この利益が売り上げ全体でどのくらいの割合になるかの比率を利益率と言います。
どんなに売り上げが良くても、原価が高かったり人件費がかさんだりして最終的に利益が残らなければ、経営は続けられませんよね。経営を失敗しないためには、利益率を常に意識して、メニューや消耗品のラインナップなどを設定しなければならないのです。

労働環境が悪い

例えどんな人気サロンであろうとも、毎日日付が変わるまで残業をしなければならないような労働環境ではスタッフが定着しません。美容サロンはスタッフが命と言っても過言ではないほど、経営に重要な役割を担っています。スタッフが定着しないサロンは、スタッフとの信頼関係を築きにくく、長期的に見れば非常に経営に悪影響を及ぼしてしまうのです。
また、一人で美容サロンを切り盛りしている人も、労働環境は無関係ではありません。自分一人だからこそ、やらなければならない雑務も増えます。また、自分しかいないからと無理をしてしまい、残業や時間外労働も増えてしまいがちなのです。 そのようにワークライフバランスの崩れた労働環境では、いずれ経営が立ち行かなくなってしまいます。

美容サロン経営で失敗しないために!押さえておきたい重要ポイント

では、美容サロンの経営で失敗しないために、どのようなポイントを意識していけば良いのでしょうか。
一番の近道は、経営がしっかりしている美容室に所属して、経営について学ぶことです。しかし、それにはかなりの時間を必要とします。すでに独立して美容サロンの経営を始めている人は、そのような機会も少なく、腰を据えて専門的に勉強する時間をとることも難しいでしょう。
経営の大原則は、売り上げを増やし、支出を減らすことです。とはいえ、売り上げを増やすことばかりに気を取られてしまってはいけません。美容サロンはサービス業ですから、なによりもお客様に満足してもらうことを第一に考えましょう。支出を減らすことについても同様です。
お客様に癒やしの時間を提供し、美しくなってもらう美容サロンにおいて、お店の備品や使用する薬剤が安かろう悪かろうではいけません。もちろん何事もお金をかければ良いというわけではありませんが、どの部分にお金をかけて、どの部分を節約するべきかをしっかり見極めることが大切です。

Webでのこまめな情報発信

いまや生活必需品となったスマートフォンの普及で、インターネットはより身近なものになりました。TwitterやInstagramなどのSNSも発展し、誰でも簡単に情報発信ができる時代です。特に若い世代にアピールするには、お金をかけてチラシを印刷するよりも断然訴求力のある媒体だと言えるでしょう。広告費も安く済むので、SNSを上手に使ってWebで情報発信を行うのは費用対効果の高い手段です。
また、定期的に新しい情報を発信していると、訪れたことのないお客様にも店の雰囲気が伝わりやすくなり、新規のお客様でも安心して訪れやすくなります。お店のコンセプトや自慢の内装、おすすめのメニューなどは積極的に発信すると良いでしょう。

周辺の調査は念入りに

特に開業前の周辺調査は大切ですが、開業して経営を始めてからもお店を取り巻く周囲の環境は常にチェックしておきましょう。例えば、近くに若者に人気のカフェができれば当然若者が増えるので、若者向けのメニューやサービスを考えるべきですし、競合の美容サロンができたら顧客の流出を防ぐために手を打たなければなりません。
街の様子やトレンドは日々変化していきます。それらは目に見えるものばかりではありませんが、アンテナを高く張って感じ取れるようにしておくことが、経営を成功させるポイントでもあるのです。

リピーターを大切にする

美容サロンの経営を始めてしばらく経つと、新規の顧客数の増加が落ち着いてくるタイミングが来ることが多いです。そうするとどうしても、全体の客数の伸びも鈍化してしまうため、新たな顧客を開拓しようとして新規来店のお客様を優遇するクーポンやサービスを打ち出してしまいがちです。
確かに新規顧客の開拓は重要ですが、そちらに意識を傾けるあまりリピーターへのサービスがおろそかになってしまってはいけません。なぜなら、美容サロンの経営において、リピーターは大変重要だからです。 リピーターを大切にすれば、安定した売り上げが期待できます。リピーターを離さず、新規の顧客をリピーターにできるような、満足度の高いサービスを心がけましょう。

ポイントを押さえて美容サロン経営を成功させよう!


美容サロンの経営は決して簡単なことではありません。しかし、ポイントを押さえて堅実な経営を続けていけば、失敗のリスクを減らすことができます。 けれども、美容サロンの経営はセオリー通りにはいかないことがほとんどです。自分の店の状況をしっかり把握して、臨機応変に対応しましょう。 正解のない美容サロンの経営ですが、陥りやすい失敗を避けて、成功につながりますように。

美容室の顧客管理・経営・販促に関するご相談はサロンPOSシステムのSCATへ
お問い合わせはこちら
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム