美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容サロンに再来店してもらうには?リピーターを増やすコツ

HOME > お役立ち情報 > 美容サロンに再来店してもらうには?リピーターを増やすコツ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
新規クーポンでのサービス目当てに美容サロンに来るお客様はいるけれど、なかなかリピーターがつかないと悩んでいるサロンは多いのではないでしょうか。再来店してもらうためには、値引きなどの特典もきっかけとなりますがそれだけでは難しいものです。次回の来店が楽しみになるような、お客様の悩みを解決しようとする提案が必要です。

目次
・美容サロンに再来店してもらうには?
・美容サロンの再来店率が低い原因をみつける
 ・来店後のフォロー
 ・ターゲットの特定
 ・サービス提供以上の感動
・美容サロンの再来店率をあげるコツとは?
 ・カウンセリングを行う
 ・スタッフのスキル強化
 ・店内の雰囲気を変える
・美容サロンに再来店してもらうには努力と工夫が必要


美容サロンに再来店してもらうには?


お客様がスタイリストの技術やスタイリストとのコミュニケーションに満足することが顧客満足度につながり、結果として再来店してもらえる確率が高くなります。ただ、それだけではなく、美容サロン全体に対する満足度も求められていることを忘れてはいけません。技術だけが高くても接客に不満があればお客様は再来店してくれません。
まずは再来店率が低い原因をしっかりと把握して、そのうえでスタイリストやスタッフの教育やスキルアップ、美容サロンの雰囲気づくりなどを徹底して行うことで、お客様の「また来たい」と思う気持ちを高めることが大切です。

美容サロンの再来店率が低い原因をみつける

競争の激しい美容サロンの世界で安定した経営を続けるためには、新規のお客様の獲得だけではなくリピーターをいかに確保するかが重要です。お客様の再来店率が低いのはひとつの理由だけではないはずなので、複数の要因を考えて分析する必要があります。ロングヘアで来店したお客様に対して、ショートへアが得意なスタイリストをつけたり、サロンが混んでいて待ち時間を長くしてしまったりしていることも原因となります。サロンの売上ばかりを考えてしまい、長期的な利益を考えずに行動してはいませんか。
スタッフの接客対応に関しても、新規・既存問わずお客様の要望や好みはその時々で変化します。前回の希望だけにとらわれてしまい、相手を不快にしてしまうこともあります。一度カットに来店した後、髪はすぐには伸びないので、その都度お客様の希望やなりたいイメージをきちんと把握することが必要です。これといった不満はないけれど、特に惹かれる魅力がなく行かなくなってしまったというお客様も意外と多いものです。美容サロンの印象がお客様の中に残っていないため、次に髪を切るときに思い出さないということもあります。
さまざまな角度から原因を考えて、ひとつずつ問題解決を行っていくことが再来店率アップにつながります。

来店後のフォロー

新規顧客獲得に重点を置いていて、リピーター獲得への関心が薄い美容サロンは再来店率が低くなります。新規顧客を獲得するよりも、既存のお客様に来店後のフォローをしっかりと行って再来店率を上げるほうが、コストは少なくて済みます。可能であれば、次回の来店予約を来店時に行いましょう。
フォローがないままだと、お客様はサロンのことを忘れてしまい、次回は別のサロンを選ぶかもしれません。来店後にもダイレクトメールを送ったり、次回以降利用できるクーポンを作って渡したりして、サロンの存在を意識してもらえるフォローを適度に行うことが重要です。

ターゲットの特定

再来店率が低い原因のひとつとして挙げられるのが、ターゲットの特定があいまいで美容サロンの求める客層と実際に来店されるお客様にずれが生じているケースです。幅広い年齢層のお客様に来店してもらえるのが理想ですが、すべてのお客様を対象にしていると、他のサロンとの差別化が難しくなります。
たとえば、美容サロンのターゲットがアラフォー世代なのに、ギャル向けの雑誌ばかり置いてあったり、店内の雰囲気が派手すぎたりするとお客様は定着しません。まずはターゲットとする客層を定めて、内装やスタッフの雰囲気もそのターゲットに合わせたほうが専門性は高まり、お客様側からも選ばれやすくなります。

サービス提供以上の感動

お客様が新しい美容サロンを探す理由のひとつは、今通っているサロンでは満足できないからもっと自分に合うサロンを見つけたいという気持ちです。他のサロンと差別化できる点がなければお客様は別のサロンを試してみようと考えます。カットやカラーなどどの美容サロンでも受けられるサービスだけではなく、お客様の髪の悩みに寄り添って、どのような方法で解決に近づけるか提案できれば、次回もまた来たいと思ってもらえるかもしれません。
他のサロンと同じレベルのサービスを提供していては、再来店は期待できません。かゆいところに手が届くサービスを心がけましょう。

美容サロンの再来店率をあげるコツとは?

リピート率を増やすためには顧客満足度を高めることは大切ですが、どんなに満足度が高くてもリピートしない人が必ずいるのも事実です。特に美容サロンのようなビジネスではたとえその美容サロンがどんなに素晴らしくても次は別のサロンに行ってみようと思う人がいます。だからこそ再来店を促すために行うべきことがあります。お客様がまた来たいと思うきっかけを作って再来店率をあげましょう。自分の美容サロンの再来店率を性別や年代別などさまざまな角度から計算してみることが大切です。カットやカラー、パーマなどのメニュー別の再来店率も出してみると、メニュー設定の弱点が見えてくることがあります。
また、スタッフ別の再来店率を計算することで、スタッフ一人ひとりの強みがわかり、お互いの強みを活かした接客や技術の提供などでサロン全体の売上にも貢献できます。過去の実績との比較により、現在うまくいっていることとそうでないことが明確になり、どの点に重点を置くべきかの指標にもなります。
お客様との最初のコンタクトになる予約に関しても、いつでも時間の空いた時に予約が取れるよう電話やwebから予約できるシステムを導入しておきましょう。来店時には普段通っている美容サロンの有無、今回自分のサロンを選んでくれた理由など聞ける範囲でヒアリングしましょう。

カウンセリングを行う

施術前のカウンセリングが十分でない場合に、お客様が満足した仕上がりにならないことがあります。たとえば、数センチ切るだけでもスタイリストとお客様の認識にずれがあることがあり、結果としてお客様のイメージするスタイルにならないことが起きます。オーダーを聞いてその通りに仕上げることも大切ですが、カウンセリングを通してお客様が抱える悩みや希望をじっくりと掘り下げて聞くことが大切です。
こうして欲しいという要望だけでなく、こういう仕上がりは嫌だというマイナスの意見も事前に聞いておくと満足のいく仕上がりにつながります。

スタッフのスキル強化

一度だけの来店であれば、家から近い、初回割引があるなどが動機になりますが、大前提としてスタイリストの技術レベルに満足してもらえなければ2度目の来店は期待できません。外部から講師を招いて講習をしたり、自発的に技術向上を心がけてもらったりして常に高い技術レベルを保つようにしましょう。
いくら施術のレベルが高くてもスタッフの接客対応が悪ければ誰も再来店してくれません。接客のスキルも再来店率をアップさせるためには重要です。スタッフ同士でロールプレイングをしたり、外部のマナー研修に参加したりして技術だけでなく接客力も底上げしていくことが必要です。

店内の雰囲気を変える

美容サロンに来る目的は髪を変えるだけでなく、リラックスした時間を過ごすこともそのひとつです。サロンの雰囲気がよくないと、お客様は居心地が悪く感じてしまいます。流すBGMや内装、家具やインテリアなどに気を遣い、気軽に入りやすく居心地のいい空間を作りましょう。
客席同士の間は空けるようにし、スタッフの清潔感も徹底させましょう。店内の雰囲気はサロン全体のキャラクターとなりますので、どのような客層をターゲットにするか明確にした雰囲気作りが大切です。

美容サロンに再来店してもらうには努力と工夫が必要


再来店率は急に増えるものではありませんが、すぐにできることをコツコツと努力して積み重ねていくことで結果につながります。お客様にとって過ごしやすい空間づくりをし、心から歓迎の気持ちを伝えることを忘れずにしましょう。再来店のきっかけをお客様任せにするのではなく、お客様にとって忘れられない、また来たいと思われるサロンにするために地道な努力と工夫を重ねることが大切です。
お客様が納得できる時間を過ごせたら、リピーターとして再来店してもらえる確率は上がります。再来店率アップのために頑張りましょう。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム