美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容サロンの来店サイクルの平均をアップするにはどうしたらいい?

HOME > お役立ち情報 > 美容サロンの来店サイクルの平均をアップするにはどうしたらいい?
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容サロンを経営していくうえでさまざまな目的があるかと思いますが、そのひとつが来店サイクルの平均をアップするということではないでしょうか。1日の来店者数や客単価に注目しがちですが、来店サイクルの平均をアップすることで売上は大きく変わります。まずは現状を把握したうえでどのような対策が必要となるかチェックしましょう。

目次
・美容サロンの来店サイクルの平均は?
・次回の予約を確定させるコツは?
 ・未来のヘアスタイルの提案
 ・きれいを保てる日時の提案
 ・来るのが楽しみな提案
・美容サロンの来店サイクル平均を高めるコツとは?
 ・メール配信
 ・プッシュ通知
 ・来店後〇日以内限定メニュー
・美容サロンの来店サイクル平均を効果的にアップさせよう

美容サロンの来店サイクルの平均は?


美容サロンの来店サイクルは年平均で約4.5回といわれています。つまり90日周期、2~3か月に1回来店することになります。来店サイクルに注目すべきポイントは、たとえば客単価が10,000円で来店サイクルが81日(年4.5回)でお客様の数が100人だとすると450万円の売上になります。来店サイクルがたった1日縮んで80日(年4.6回)になることで、単純計算で10万円売上が伸びることになります。
まだお客様一人ひとりの来店サイクルを把握できていない場合には、カルテなどから計算して常に把握するようにしておきましょう。来店サイクルを管理することで失客の防止や来店の促進、キャンペーンや企画の告知などさまざまな場面で活用できます。

次回の予約を確定させるコツは?

美容サロンに来るお客様は何を求めてきているのでしょうか。単に髪が伸びてしまったので切りたい、美容サロン自体に行くことでテンションがあがる、試してみたいスタイルがある、髪や頭皮にトラブルがあり解決したい、結婚式などイベントがあるので素敵なスタイルにしたい、他のサロンで納得がいかなかったので変えたい、などさまざまな理由があります。悩みを解決するためには表面的ではなく、なぜ悩んでいるかなどをしっかりとカウンセリングする必要があります。そのうえで最適なスタイルの提案をすることでお客様からの信頼を得られます。
また、あこがれのスタイルがある場合には、お客様が気づかない細かい部分の提案やヘアスタイルだけでなくファッションなどについても可能であれば提案することで、お客様がコンプレックスに思っていた部分が変わってくるかもしれません。来店時1回のスタイルだけでなく、日々のお手入れ方法を提案し、半年、1年先のお客様のなりたいスタイルのために一緒に悩み、提案していくことが次回の予約につながります。カウンセリングの中で、次回につながる流れを作り来店の目安を具体的に伝えることも大切です。

未来のヘアスタイルの提案

来店時に2~3か月後や半年後、1年後のヘアスタイルの提案をします。季節に合わせたヘアスタイルの提案なども効果的です。カウンセリングを行う際に、お客様の悩みや要望をきっちりとくみ取ることで未来のヘアスタイルの提案が可能になります。お客様にとってもカウンセリングで自分の不満や希望を伝えることで、なりたいスタイルが明確になり、また来たいという動機になります。
ポイントはカウンセリングで自分が聞きたい質問をするのではなく、お客様が話したい悩みを察して質問し、希望を引き出す質問をすることです。

きれいを保てる日時の提案

一般的に髪は1か月で1~2センチ程度伸びます。ただ次回の予約を促すだけでなく髪の状態やスタイルのきれいを保つための期間としてどの程度間をあけて予約を取ったほうがいいということを提案しましょう。来店時にどんなにきれいにスタイリングしていても、2か月くらい経つとスタイリングに手間もかかり、よいスタイルを維持するのが大変になることなどプロ目線で伝えるようにします。
2か月後くらい、といったあいまいな単位で話さずに、7週間後か8週間後くらいがスタイルを保つためにはちょうどいいといったように、具体的に伝えることが大切です。

来るのが楽しみな提案

しっかりと悩みや希望を聞いてもらえ、不満を解消するためのスタイリングを提案されれば、次回また来たい!と思ってもらえる確率はあがります。次回への期待がなければ、条件さえ合えば他の美容サロンを選んでしまいます。髪のお手入れやスタイリング方法など家に帰ってからのケア方法や朝のスタイリングでのポイントなど知りたい情報を教えてくれるサロンは信頼がおけます。
次回来店したらもっといろいろなことを教えてもらえるのでは?悩みを一緒に解決しようと考えてくれるから来よう、と思ってもらえる提案をどんどんしていきましょう。

美容サロンの来店サイクル平均を高めるコツとは?

お客様の来店サイクルを向上させるためには、まずはお客様一人ひとりの情報を管理して、状況に応じて適切なコンタクトを取ることが必要です。カルテを使用した情報管理はお客様の来店後の対応となり、受動的なものです。一方でお客様の来店前に来店を促すような能動的な対応が必要となります。
たとえば、美容サロンでSNSのアカウントを作り、投稿を通じて既存のお客様にアプローチすることです。いつも通っているサロンのスタイリストが素敵なスタイルを提案する投稿をしていたら目にとまり、そろそろ自分も美容サロンに行きたいなと思うかもしれません。次回の来店予約を取らない理由には、次回予約するメリットが感じられない、予定が不明、仕上がりや持ちの良さを判断してから予約したい、などが挙げられます。メリットについては次回来店したくなるさまざまな提案を行うことでクリアできます。
予定がわからないというお客様も美容サロンの価値をしっかりと認識していれば次回の来店は期待できます。また、美容サロンに不安があって、スタイルの扱いやすさやネットでの評判などを判断してから再来店したいという慎重なタイプのお客様にはアフターフォローや期間限定の特典、リマインドメールなどが有効です。

メール配信

て次回の来店催促などはしないことをおすすめします。まずは来店のお礼とフォローのメールを来店後3日以内に配信します。その際にはお礼だけを伝え無料で施術のやり直しができる保証期間があれば記載しておきましょう。アフターフォロー後、リマインドメッセージを配信します。
たとえば、来店から8週間くらいで再来店してもらいたい場合には6~7週間過ぎたタイミングで予約を促す内容のメールを送ります。内容に関しては、売り込みはせず、あくまでもお客様のスタイリングに役立つことをメインに提供することが大切です。いくらサービスやサロンの雰囲気が気に入っていても頻度が多かったり過剰に売り込む内容がかかれていたりしてはお客様もうんざりしてしまいます。

プッシュ通知

美容サロンのブログやHPに情報を掲示した場合には、わざわざお客様に見に来てもらえないと気づいてもらえませんが、ブッシュ通知でお知らせすることで気楽に閲覧してもらえます。予約日の確認や来店後のフォロー、キャンペーンやイベント情報、クーポンの配信など美容サロンから発信したい情報をお客様に直接届けることが可能です。
プッシュ通知で気をつけることはあまりにも頻度が高いとお客様が通知機能をOFFにしてしまうことがあるので、多くても2週間に1度程度にして、魅力的な内容を届けましょう。

来店後〇日以内限定メニュー

〇月〇日まで、や〇時までご来店など限定をつけたメニューを配信します。〇日以内に来店することでお得な価格でサービスを受けられるというお得感と、締め切りが明確に設定されていることでお客様が来店する動機になりやすいです。たとえば4か月に1回のペースで来店するお客様に対して、3か月以内の来店で〇%オフのメニューを提供することで、年に3回の来店回数が4回に増えます。
定期的に来店しているお客様でも、変わり映えしないメニューだと飽きてしまい、他の美容サロンに行こうという気持ちになってしまうこともあります。マンネリ化させないためにも、お客様にとってお得なキャンペーンを提供することは有効です。

美容サロンの来店サイクル平均を効果的にアップさせよう


美容サロンの来店サイクル平均は売上に大きく影響します。次回の来店を確実なものにするためには、お客様一人ひとりの悩みや希望に寄り添うカウンセリングをしっかりと行って美容サロンへの信頼を築くだけでなく、アフターフォローをきっちりと行ってサロンの存在を認識してもらうことが大切です。人員が限られている美容サロンもありますが、SNSやアプリなどのツールを活用することで効率よく来店サイクルをアップさせることは可能です。
自分の美容サロンに合った方法で来店サイクルの平均を効果的にアップさせましょう。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム