美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容サロンがかかえる集客課題とは?解決のコツを解説

HOME > お役立ち情報 > 美容サロンがかかえる集客課題とは?解決のコツを解説
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容サロンが常に頭を悩ませる課題のひとつに集客があります。あの手この手を使ってお客様を集める努力をしているけれど結果につながらないと感じている場合、何が集客率アップの妨げになっているかを洗い出してみることが大切です。一つひとつの原因を把握したうえでどのような対策が効率的かを考えていきましょう。


目次
・美容サロンの一般的な集客方法って?
・美容サロンが集客できないと感じるポイント
 ・競合が多すぎて競争率が高い
 ・効果的な集客方法がわからない
 ・新規客やリピート客が確保できない
・美容サロンが集客の課題を解決するコツは?
 ・サロン独自の強み
 ・競合にできないニーズを満たすメニュー
 ・高い満足感を与える
・美容サロンの集客課題は定着する確率の高いお客様を集めることで解決!


美容サロンの一般的な集客方法って?


美容サロンで取り入れられている集客方法には、対面や紙媒体を利用する場合、ポスティングやチラシ配り、地域のフリーペーパーへの掲載、紹介制度などが挙げられます。Web集客の方法としては、美容系のポータルサイトに掲載、地域で有力なサイトに掲載、ホームページやブログの開設、SNS(Twitter・Instagram・Facebookなど)を活用、Web広告の活用などが挙げられます。それぞれの方法に長所・短所がありますが、いくつかを組み合わせることで強みを伸ばせて、集客につながる場合があります。リピート率をあげるためにも、初めてのお客様をしっかり集められるようにしておきたいですね。

美容サロンが集客できないと感じるポイント

美容サロンの店舗数は年々増えており、集客競争もそれに伴って厳しくなってきています。技術や美的センスは他店に負けないと自負しているのになかなか新規客が増えない、SNSを活用しているのに集客の効果が感じられない、他店にお客様を奪われている気がするなど不安に感じている美容サロンも少なくありません。ほぼすべての美容サロンが独自の集客方法を取っているので、その分膨大な情報があふれています。その中で他店と差別化を図ることは非常に難しいです。SNSだけでなくブログやホームページで展開しているため、さらに情報が埋もれる現象が起こりがちです。
地域によっても競合性は異なりますので、自分の美容サロンのある地域の特性や競合サロンの特徴を把握することが必要です。美容サロンの経営者や店長は戦略的に集客するマーケティング経験が少ない場合が多く、技術やセンスがあっても分析不足で十分な集客ができていないことがあります。自分の美容サロンにどのような客層・年齢層・嗜好のお客様が合っているのか、どのようなお客様をターゲットにしたいのかをしっかりと分析することが大切です。自分のサロンが集客できないと感じるポイントをスタッフの意見も聞いてすべて洗い出してみましょう。その中に解決のカギとなるポイントが見つかるかもしれません。

競合が多すぎて競争率が高い

美容サロンの数は右肩上がりに増加しており、コンビニの4倍以上の数ともいわれています。美容サロン側がいくら手を変え品を変え、集客のための策を講じても、お客様側の選択肢が多すぎるため、自分のサロンが埋もれていってしまう難しさがあります。日本の総人口は毎年減少を続けているので、美容業界の競争は今後一層激しくなることが予想されます。
激しい競争に打ち勝つにはしっかりとした技術力と接客力、両面での向上を図ることが必要とされます。また、最新のトレンドをおさえた施術やサービスの提供がお客様の満足度につながり、競争に打ち勝つ秘策となります。

効果的な集客方法がわからない

美容サロンでスタイリストとして独立する人の多くは技術力やセンスは十分持っていても、集客というマーケティング目線で運営をしたことがない人がほとんどです。誰でもいいから来てほしい、どんな髪形でも対応できますというアピール方法だと、お客様側から見て自分一人に向けられたメッセージではないなと感じてしまいがちです。自分の髪の悩みや理想に寄り添ってくれる美容サロンだと思ってもらえるように、ターゲットとする客層をきちんと把握してどのような方法で売り込むのかという戦略を考えることが大切です。

新規客やリピート客が確保できない

新しい美容サロンに行くのはお客様にとって勇気のいることです。また、一度行った美容サロンにまた行きたいと思うためには、そのお客様にとって特別感があることが必要です。自分の美容サロンなので自分の好きなようにしたいという気持ちがあるのは当然ですが、いくら自分のこだわりを詰め込んでもその魅力がお客様に伝わらなければ意味がありません。
また、行きづらい美容サロンには自然と足が向かわなくなるもの。ターゲットに沿った内装や外観、店内での過ごしやすさなどを見直したうえで改善していくことが集客につながります。

美容サロンが集客の課題を解決するコツは?

美容サロンが集客に関する課題を解決するためには、ある程度の費用をかけてポータルサイトなどを活用して集客をすることではなく、一生使える技術を鍛え、スタッフの技術レベルを底上げすることです。それにはそれほど資金は必要ありません。ただ技術レベルが上がることで一定数のお客様を見込めることが期待できます。そして、失客を防ぐ努力を怠らないことです。新規顧客を獲得することも大切ですが、同時に失客を防ぐことで売上ダウンを避けられます。自分の美容サロンの失客率を把握したうえで、どのようなマーケティングを展開していくかを決めることで安定した集客につながります。
そもそもリピーターは時間が経過するとともに減ります。たとえば、出産や引越し、年齢などに伴う嗜好の変化などさまざまな理由で美容サロンを変えるものです。それを見越したうえで、リピートしやすい新規顧客を集める力をつけるにはどうしたらいいかを考えましょう。まずは設定したターゲットに合った集客方法をしているかを見直します。一生懸命に集客を行っているのに結果が伴っていないのであれば、その方法を疑ってみることが必要です。そのうえで集客対策への適切な投資を行い、地道に集客の種をまいていくことが何よりも大切です。

サロン独自の強み

サロン独自のコンセプトや魅力、売りを作ることは強みになりますが、やみくもに他の美容サロンにない売りを出していくのではなく、設定したターゲットが望んでいるものであると同時に他のサロンにないニーズを満たすものであることが必要です。一人ひとりの隠れたニーズを見出してそれを満たしていくことが重要です。同じ髪形をしていても求めるものは人それぞれです。たくさんある美容サロンの中から選んで通ってもらうためには、なぜそのお客様がその髪型を選んでいるのか、将来どうしていきたいのかなどしっかりと寄り添って掘り下げていきましょう。

競合にできないニーズを満たすメニュー

顔の形や髪質だけではなく、普段のスタイリング方法や普段のファッションスタイルに合わせたアレンジ方法、スタイリングにかけられる時間を考慮したヘアスタイルを提案していくことが大切です。競合サロンでは満たせない細かなニーズを満たしていくことで、お客様が興味を持ってくれてまた来たいと思ってくれる確率が高まります。
集客する際にも集客媒体にコンセプトやターゲット、独自の強み、メニューを明確に提示することでお客様の目に留まりやすくなります。例えばホームページに「ショートカットのアレンジ集」を載せるなど、お客様の目に留まりやすい特集を組むのも一つの方法です。

高い満足感を与える

お客様のニーズに常に耳を傾けて、独自の強みをそれに合わせてブラッシュアップしていくことでより高い満足感を与えられます。自分が不安に感じているヘアケアの悩みや将来なりたい髪型に対して的確なアドバイスをもらえれば、お客様は次からもこの美容サロンに通いたいと思うはずです。それがリピート率上昇にもつながります。
自分が行った提案の中でお客様からの反応が良かったもの、そうでないものを常に分析して、常により良い提案をしていく努力を怠らないことが重要です。お客様は美容サロンの居心地や雰囲気も無意識に評価していますので良い雰囲気作りも忘れないようにしましょう。

美容サロンの集客課題は定着する確率の高いお客様を集めることで解決!


美容サロンの集客課題を解決するには、クーポンやキャンペーンを狙ったお客様を集めることではありません。定着率の低い新規客を集めてもリピーターになることは少ないです。最初から自分の美容サロンに定着する確率の高いお客様を集めるために、さまざまな工夫を凝らすことで課題は次第にクリアできます。
現在行っている集客方法を一度見直して分析し、ターゲット層を絞るところから始めてみませんか。お客様の目に留まるマーケティングを行い、リピーターが集まる美容サロンを作り上げましょう。

美容室の顧客管理・経営・販促に関するご相談はサロンPOSシステムのSCATへ
お問い合わせはこちら
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム