美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

財務諸表は美容室経営の成績表!読み方と活用の仕方を教えます

HOME > お役立ち情報 > 財務諸表は美容室経営の成績表!読み方と活用の仕方を教えます
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容室を経営していれば、1年に一度決算をして書類を作成し、確定申告を行っているかと思います。そのときに作成している書類を「財務諸表」といいます。この財務諸表は、税理士さんに頼んで作ってもらっていることが多いでしょう。ご自身でチェックされていますか?この機会に財務諸表の中身をみてみましょう。

目次
・財務諸表とは?
・財務諸表の中で重要な3つの書類
 ・「損益計算書」ではどれくらい利益が出たかわかる
 ・締め日に資産や負債がいくらあるかがわかる「貸借対照表」
 ・お金の流れをを把握する「キャッシュフロー計算書」
・財務諸表をどのように活用する?
 ・財務諸表を作る目的は
 ・損益計算書から読み取れること
 ・貸借対照表からわかること
・美容室の今の状況を知っておきましょう


財務諸表とは?


財務諸表とは、上記で述べた通り、年に一度の決算の際に作られる書類のことをいいます。具体的には、「貸借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」「利益金処分計算書」などが挙げられます。 財務諸表という言葉は株式の上場企業に対して使われるもので、一般的には「決算書」とか「決算報告書」といわれています。財務諸表には、1年間の会計期間の経営でどれくらいの利益が出たか、決算日時点での資産や負債はどれくらいかなどを、金額に換算して表しています。
その中でも大事な3つの書類について、内容と活用の仕方を説明します。

財務諸表の中で重要な3つの書類

財務諸表の中で「損益計算書」「貸借対照表」「キャッシュフロー計算書」はまとめて、経理用語で「財務三表」と呼ばれています。財務諸表の中でも重要な書類で、一般的に呼ばれる「決算書」は、この3つの書類を指しています。
「損益計算書」は英語でProfit and loss Statement、略してP/Sともいいます。大きく分けて「収益」と「費用」、そしてそこから計算された「利益」が記載されています。さらに、それらは主たる営業活動により生じたものか、営業活動以外か、特別に起こった事象で生じたかに分けられます。一番下の数字をみることで、最終的にどれくらいの利益が手許に残ったのかが、わかるようになっています。
「貸借対照表」は、英語でBalanceSheetといい、B/Sと表記されます。通常はT字型のシートで作成され、左側に「資産」、右側に「負債」と「資本(純資産)」が表されます。バランスシートなので、左右の金額は同じです。
「キャッシュフロー計算書」は、現金と現金同等物(預金など)がどのように増減したのかを表す計算書で、英語でCash flow Statement、C/Sと略されます。

「損益計算書」では利益がどれくらい出たかがわかる

損益計算書は、どれくらいの利益が出たのかを計算する書類ですが、利益にも種類があります。
美容室でのサービス提供時の売上高に、かかった材料費を控除した金額が「売上総利益」です。その売上を上げるためにかかった費用、たとえば人件費や水道光熱費、店舗の家賃や通信費などを売上総利益から控除したのが「営業利益」。雑収入や借入利息などの営業外損益を増減すると「経常利益」。固定資産の売却損益などの特別損益を増減すると「税引前当期純利益」。そこから法人税などの税金を控除すると「当期純利益」でこれが手許に残る利益の金額です。

締め日に資産や負債がいくらあるかがわかる「貸借対照表」

貸借対照表では、決算日時点の財政状態を表しています。右側に表示されている「資産」の内訳が、左側の「負債」(借金等によるもの)と「資本」(自己資金)で表されています。資産と負債はそれぞれ「流動」と「固定」にわかれます。
流動資産には、現金預金や売掛金、材料の残りがあれば「棚卸資産」など。固定資産には、内装費など減価償却をする固定資産や、満期まで1年以上ある定期預金などがあります。
流動負債は、買掛金や支払うことが決まっているけどまだ未払いの税金など。固定負債は、1年以上先に返済期間のくる借入金などがあります。

お金の流れを把握する「キャッシュフロー計算書」

キャッシュフロー計算書では、3つの活動による資金の流れがわかります。 「営業活動キャッシュフロー(CF)」は、本業で得た現金などの流れ。本業が順調ならばここはプラスです。「投資活動CF」は、設備投資でのお金の流れ。新たな設備投資を行うとマイナスになります。
この2つのCFは「フリーキャッシュフロー」と呼ばれ、自由に使えるお金の残高です。「財務活動CF」は、新たな資金調達はプラス、返済をすればマイナスになります。営業活動CFがプラス、投資活動CFと財務活動CFがマイナスなのが、理想的とされています。

財務諸表をどのように活用する?

財務諸表は、金融商品取引法などの法律によって作成が義務付けられています。財務諸表を作成するのは、企業の財政状態や経営成績を外部に公表し、知ってもらうためです。誰に知ってもらうかというと、利害関係者です。企業にはいろいろな利害関係者がいます。具体的には、投資家や株主、取引先、金融機関、国や地方公共団体などです。 もちろん、経営者自身が経営状態を把握するときにも使えます。では財務諸表の中の数字をどのように活用すればいいでしょうか。
損益計算書では、計算された収益や費用、利益の金額を検証し、次に生かせます。特に使いすぎた費用はないかをチェックし、あれば削減の方法を考えます。
貸借対照表からは、自己資本比率が求められます。自己資本比率とは、現在の資産が他人から借りているものではなく、どれくらい自分の資金であるのかを示すものです。融資を受ける際に見られる数字なので、重要度の高いものです。
キャッシュフロー計算書は、上場している会社などが作成し公表するものなので、多くの美容室では作成義務はないかもしれません。でも、実際の手持ち現金を把握して、資金不足にならないようにチェックするために作っておくといいでしょう。

財務諸表を作る目的は

投資家や株主は、財務諸表を投資の判断材料に、取引先は、取引を続けても問題ないかを確認します。金融機関は融資の審査で、融資した後は借入金の返済能力について、財務諸表をチェックします。従業員を数名雇って経営をしている美容室の財務諸表は、投資の判断材料には使われないかと思いますが、それ以外は大いに関係してきます。
また、財務諸表の金額は、法人税等の計算をするときの基本となる金額なので、正しく納税するためのものでもあります。財務諸表という書類だけで、さまざまな立場の人に自分の状況を分かってもらえるのです。

損益計算書から読み取れること

・利益ではなく損失になっている場合、どこが赤字なのか?
「営業利益」が赤字の場合は要注意。
・では、費用の支出金額は適切?
経営に直接関係する費用には、材料費、人件費、家賃、水道光熱費、通信費、広告宣伝費などがあります。材料費は売上の10%をきるくらいが適切といわれています。家賃は毎月の固定費となるものなので、最初に決めるときは慎重に考えたいところです。この中で節約可能なものは、材料費以外では通信費、水道光熱費と広告宣伝費でしょうか。前年と比較して極端な増減があるものは、原因を考えてみるといいでしょう。

貸借対照表からわかること

貸借対照表からわかる、「自己資本比率」。次の式より求められます。
自己資本比率(%) = 自己資本 ÷ 総資本 × 100
「総資本」とは、貸借対照表左側の「資産」のこと。総資本は「自己資本」と「他人資本」にわかれます。「自己資本」は、貸借対照表右側の「資本」のこと。出資金や株主から預かった資本金、利益が出たことによる剰余金など、自分のお金のことです。「他人資本」は、いずれは他人に返さなければいけない資本、すなわち「負債」のことです。
黒字の美容室で35%超、優良なところでは60%以上になっています。

美容室の今の状況を知っておきましょう


財務諸表というのはあまり耳慣れない言葉だったかもしれません。普段は決算書と呼んでいるでしょう。キャッシュフロー計算書は決算時点の数字ですが、同じように先々の資金繰りを予測する書類を作ることもできます。
また、財務諸表で今の状況を把握できれば、経営上の対策を立てやすいかもしれません。経費削減だけでなく、給料を上げたり福利厚生を充実したりして、従業員が働きやすい職場にすることも可能でしょう。作成はプロである税理士さんにおまかせしても、内容はしっかり理解し、美容室経営に役立てて行けるといいですね。

美容室の顧客管理・経営・販促に関するご相談はサロンPOSシステムのSCATへ
お問い合わせはこちら
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム