美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容室を開業するための必要経費はいくら?科目ごとに見積もりを出してみよう

HOME > お役立ち情報 > 美容室を開業するための必要経費はいくら?科目ごとに見積もりを出してみよう
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容室を開業する時に、経費はどのくらいかかるのでしょうか?必要経費を算出して初期にかかるお金をためておくのは、開業前の最低限の準備とも言えます。店舗を借りて内装や小物や消耗品など揃えるものはたくさんあります。 相場がわかると目標を立てやすいので、一般的に美容室を開業するために必要な経費を科目ごとに見ていきましょう。


目次
・経営を維持していくためのキャッシュフローを考える
・開業する前の準備段階でかかる必要経費
 ・家賃
 ・外装や内装・看板などの費用
 ・美容室に必要な美容器具や備品など
・開業後に維持できるかもしっかり想定して準備する
 ・毎月かかる固定費を賄える資金は必要
 ・新規顧客を獲得するために常に広告は必要経費に
 ・各種保険料や備品など
・美容室を開業するための必要経費はゆとりを持って準備する


開業して終わりではない!経営を維持していくためのキャッシュフローを考える


美容室を開業するためには、資金を用意しなければいけません。店舗を借りるお金、内装や外装の工事、施術のための設備や備品、消耗品などさまざまなものを揃える必要があります。
また開業した後の経営が軌道に乗るまで、ある程度の期間の運営費も頭に入れておいた方が安心でしょう。以前からの顧客を呼びこむのはもちろんですが、新規のお客様が継続して来店してくれるようになるまでには時間がかかります。 美容室をオープンしてすぐに黒字経営を維持するのは難しいと考えて、余裕をもって備えておくことも、長く経営していくためには必要です。そのためにしっかりとキャッシュフローを計算しておきましょう。

開業する前の準備段階でかかる必要経費

美容室を開業する前に必要になる経費について詳しく見ていきましょう。お客様が来てサービスを提供できる状態にするためには、たくさんの設備や機器などを揃える必要があります。 まずはざっくりと開店までに必要な経費を出してみて、自分が用意できる資金とのバランスを見てみます。ある程度の期間があれば、計算した必要経費をすべて準備できるのか、もしくは削れるところを削って必要経費自体を抑えるのかといった検討も必要です。
開業するためにすべての資金を使い果たしてしまうと、オープン後の経営状態が思わしくない時期があった時に持ちこたえられなくなってしまいます。中長期的に安定して経営できるよう、余裕を持って資金を調達したいですね。
次は美容室を作るためにかかる初期費用です。これらは必ず発生する経費ですが、金額的に大きな割合を占める部分になります。また工夫をすればそれぞれの経費を少しずつ抑えられる部分でもあるので、項目別にいくらぐらいかかるのか細かく出してリストにしていくといいでしょう。 イメージしていた美容室を作るために妥協はしない方がいいですが、代用したり安く抑えられるものはなるべくコストがかからないようにしたいものです。

家賃

美容室を開業するための物件を借りなければいけません。店舗開業となると、一般の住居とは違い敷金や保証金が必要となってきます。通常住居の場合は家賃の2か月分ぐらいが相場ですが、店舗の場合は立地や所有者によってかなり金額が変わってきます。賃料の6か月から10か月分の保証金を最初に支払う必要がある物件もあります。 貸す側としては家賃の滞納というリスクを考え、退去した後のクリーニング費用や原状回復のためにかかる金額を差し引いて契約を解除した時に戻す担保のようなものです。
家賃と保証金は、物件の大きさや立地などによって大きく変わってきます。大通りに面した1階の物件は、お客様の目に留まりやすく好条件と言えますが、賃料も高めに設定されていることがほとんどです。 家賃は毎月発生するものなので、支払い続けられる程度の金額の物件を探すことはとても重要です。

外装や内装・看板などの費用

物件を借りた後は外装や内装の工事が必要になります。イメージしている美容室を実現させるためには、手を加えなければなりません。以前も美容室だった物件がうまく見つかれば、水回りの設備やガスなどをそのまま使うことができるのでコスト削減になります。
新しい物件を美容室にする場合には、設備の工事と店内のデザインなども合わせて、それなりの費用が必要となります。工事をどこに頼むかによっても費用は変わってきますので、いくつか見積もりをとって比較して決めるようにしましょう。

美容室に必要な美容器具や備品など

美容室のサービスを提供するために必要な機器類や備品にも、費用がかかります。シャンプー・カット台や鏡、パーマやカラーリングの機器と薬品類、ドライヤーやコテ、スタイリング剤、シャンプー、トリートメントなど、実にたくさんの備品を用意しなければなりません。 シャンプー台などの大きな機器類は、美容師向けのネット通販などでも購入することができます。
安く抑えるならばアウトレットや中古を利用したり、最初のうちはレンタルで借りたりするのも、コストを抑えられるのでおすすめです。 何が必要か細かくリストアップして、いくらぐらいかかるかを計算しておくといいでしょう。

開業後に維持できるかもしっかり想定して準備する

開業するまでに美容室の場合は、おおよそ200万円から400万円かかるとも言われています。もちろんこだわりが強くあるのであればそれ以上必要になってきますし、妥協点を見出すことができればコストも低くなります。 シャンプーやスタイリング剤でも、オーガニックや炭酸シャンプーなど特別に取り入れたいものがあるならば、お金のことは考えずに必要経費として確保したいですよね。 開店の準備費用の中でどの部分にお金をかけるか、コストを抑えられそうなところはどこかというのをリストを作成したら精査して、必要かつ最低限で開業できるようにしたいですね。
また、開業後に毎月かかる固定費や広告宣伝費についても考えておくべきです。開店直後は最初の2、3か月は目標の売り上げに届かないことがあるかもしれません。それでも固定費は毎月必ず支払わなければいけないので、開店準備の段階で資金をすべて使い果たしてしまうのはリスクが高くなります。 開業後の維持費のことも考えて、必要経費は出しておく方が安心です。

毎月かかる固定費を賄える資金は必要

毎月かかってくる固定費について考えてみましょう。美容室の賃料、水道やガス・電気代などの光熱費、シャンプーやトリートメント、パーマ液などの消耗品や、トイレットペーパー、ティッシュ、お客様に出す飲み物など細かい費用も定期的にかかることになります。
また人を雇って美容室を経営する場合には、人件費が必要になってきます。たとえ売り上げがゼロであっても、毎月支払わなければいけない固定費がどのくらいになるのかを計算して、しっかり準備しておきましょう。1人で美容室を経営するのであれば、予約制にして予約のない時は遅めに店を開けたり早めに閉めたりといった臨機応変な営業時間にすることも、コストダウンに繋がります。

新規顧客を獲得するために常に広告は必要経費に

以前働いていた時に獲得した顧客に、新しく開業する美容室の案内を送るのはもちろんですが、それだけではなく美容室周辺に住んでいる人や働きに来ている人にも来てもらえるように、宣伝広告は常に行う必要があります。
看板を出したりチラシを作成してポスティングするだけではなく、インターネットでの宣伝も効果的です。全国の美容室を検索できるサイトに掲載したり、クーポンを載せたりして、新規の顧客が常に来てくれるような対策は継続して行う必要があります。

各種保険料や備品など

住居の場合もそうですが、物件が火事になった時のための保険や、万が一顧客とトラブルが発生した時のための補償が出るような保険に入っておくと安心です。保険は毎月支払うタイプのものと、火災保険のように1年に一度まとめて払うタイプがありますが、これも月に必ず支払う必要がある費用として計算しておきましょう。
また細かい消耗品、ティッシュやトイレットペーパー、サービスの飲み物といったものも定期的に買い足す必要があります。

美容室を開業するための必要経費はゆとりを持って準備する


美容室を開業する時にかかる必要経費について見てきました。準備の段階でも多くの揃えなければいけない項目があり、資金もある程度まとまった金額を用意しておく必要があります。
さらに開業した後に定期的にかかる経費のことも忘れないようにしましょう。目標の売り上げに達してなくてもきちんと支払って経営を続けていけるよう、開業の資金はゆとりを持って準備しておくと安心ですね。

美容室の顧客管理・経営・販促に関するご相談はサロンPOSシステムのSCATへ
お問い合わせはこちら
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム