美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容サロンの在庫管理のやり方は?管理方法やPOSシステムについて紹介

HOME > お役立ち情報 > 美容サロンの在庫管理のやり方は?管理方法やPOSシステムについて紹介
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容サロンでは多くの商材在庫を必要とするため、在庫管理のやり方はぜひ押さえたいところです。適正な在庫管理をすることで、コスト削減につながり、販売機会損失を防ぐメリットがあります。経営状態も把握できるので、美容サロン経営において重要な作業といえるでしょう。今回の記事では在庫管理の重要性とやり方、どういった管理方法があるのか、便利なPOSシステムについて詳しく紹介します。

目次
・在庫管理を行う理由
・適正な在庫管理をするには
 ・在庫管理の流れ
 ・棚卸しで正確な利益を把握する
 ・どの方法が効率よく在庫管理できるか
・在庫管理が楽になるPOSシステムとは
 ・美容サロンでPOSシステムを導入するメリット
 ・POSシステムの使い方
 ・POSシステムを導入したら店内ルールを共有する
・美容サロンはPOSシステムで効率のよいやり方で在庫管理を


在庫管理を行う理由


美容サロン経営において、売上や客数も大事ですが、商材の在庫管理も重要です。在庫管理とは現在サロンにある在庫を確認し、必要なものを必要な時に、いつでも使えるように管理すること。過剰に在庫が増えると無駄なコストがかかり、在庫が不足すると機会損失が生じる場合もあるので、管理はしっかり行う必要があります。
適正に在庫管理することで、お客様に満足していただけるサービスの提供や、商品の販売が行え、売上につながります。また確定申告では棚卸表の保存が必要なので、適正な在庫管理を行っておきましょう。

適正な在庫管理をするには

美容サロンではシャンプーやトリートメント、カラー剤など多くの商材を仕入れます。施術で使用するだけでなく、仕入れた商品をお客様に買っていただいた場合も利益が出ます。利益が出るということは在庫はお金、つまりサロンの資産と考えていいでしょう。
商材はいつでも使えるよう、常に在庫を用意しておく必要があります。商材が不足しては困るから大量の在庫を用意しておけばよい、と考えてはいませんか?頻繁に使用されるものであればいいのですが、使われない在庫を長く保管しておくと、経年劣化するため廃棄されます。廃棄される在庫が出るのは、無駄な仕入れをしているからです。それだけ余計なコストがかかってしまい、経営が圧迫されかねません。
使わない在庫は、お金にならない商品です。在庫に変動がないと利益が出ません.
利益を出すためには「何がどのくらい使用されたか」「何がどのくらい残っているのか」を確認することが大切。適正に在庫管理をすることで無駄な在庫を抱え込むのを避け、損失が出ないような仕入れができます。

在庫管理の流れ

在庫管理は定期的に行って、在庫の出入りをチェックするのがポイントです。在庫管理の流れを見ていきましょう。
1.在庫を確認する
すべての在庫をリストアップし、数量や仕入額を確認します。
2.足りない商品を確認する
なくなっているもの、少なくなっているものを確認します。
3.業者へ注文する
商品を注文します。商品を注文してもすぐには届かない場合があるので、早めの注文を心がけましょう。
4.検品と入庫
商品が届いたら、商品名や数量を確認します。注文内容に間違いがなければ、所定の場所に商品を保管します。
5.販売
商材を使用したり商品が売れたりした場合は、伝票などに記載します。
6.棚卸し
在庫の確認と同じ作業ですが、棚卸しは月末に行うところが多いようです。

棚卸しで正確な利益を把握する

美容サロンの利益を把握するには、行った施術メニューや金額だけでは正確な計算はできません。売上総利益(粗利)を出す場合は、あらかじめ売上原価や在庫数を知っておく必要があります。 棚卸しでは売上原価の計算をします。
売上原価の計算には「期首棚卸高」と「期末棚卸高」が必要です。期首棚卸高は月初にある在庫金額、つまり前期までの在庫の金額です。期末棚卸高は月末に確認した在庫金額のこと。
売上原価の計算方法は「期首棚卸高+当期の仕入れ高-期末棚卸高」です。
売上総利益の計算式「売上高-売上原価」に当てはめて、利益を確認しましょう。

どの方法が効率よく在庫管理できるか

在庫管理には、手書きで伝票などに記載する方法や、Excelなどに入力する方法があります。これらの方法は商品名や数量などを手作業で記載、または入力するので、ミスを起こす可能性があります。商品が多いほど時間がかかり、ほかの業務に支障が出ることもあるので、効率のいい在庫管理とはいえないでしょう。
在庫管理の流れを見てわかるように、在庫管理には時間と手間がかかります。効率よく在庫管理するにはPOSシステムを導入するのがおすすめです。POSシステムは簡単な入力作業だけいいので、誰にでも行え、大幅な時間短縮につながります。

在庫管理が楽になるPOSシステムとは

POSとは「Point of Sale」の略で「販売時点」という意味です。POSシステムは、商品の売上実績を集計し、分析できるシステムのことです。スーパーやコンビニ、ドラッグストア、飲食店、アパレルショップ、ホテルなど多くの店舗で導入されています。
POSシステムはインターネットに接続し、バーコードを読み取って商品管理するのが主流です。商品情報や売上情報、顧客情報、在庫情報などを管理し、売上分析もしてくれます。バーコードを読み取るだけでいいので入力ミスが防げ、商品管理が楽になるのが最大のメリットです。
POSシステムにはさまざまな種類があり、レジと一体になった「POSレジ」が最も多く導入されているタイプです。会計と同時に商品管理が行えるのがメリット。またキャッシュレス機能と連携して、クレジットカードや電子マネー、ポイントでの支払いなど、各種決済に対応できるのも魅力です。

美容サロンでPOSシステムを導入するメリット

POSシステムを導入するには、美容サロンに特化したシステムを選びましょう。顧客管理では、お客様の基本情報のほかにカルテの作成が可能です。お客様にどんな施術を行い、どの商材をどれだけ使用したかが記録でき、在庫管理の手間が省けます。
POSシステムの在庫管理機能を利用すると、在庫状況が一目でわかります。在庫が少なくなると通知してくれる機能もあるので、在庫切れの心配もなくなるでしょう。簡単な操作でスタッフとの共有ができ、在庫確認や棚卸しにかかる時間が省け、人件費も削減できます。在庫の使用期限の管理もできるので、期限が切れて廃棄するのを避けられるでしょう。
多くのPOSシステムはクラウドで管理しています。自宅など、どこにいても在庫管理ができるのがメリット。複数の支店がある場合も、離れた場所から1か所で在庫が確認できるのでとても便利です。

POSシステムの使い方

POSシステムを利用するには、最初に在庫商品の登録をします。すべての在庫商品を登録するのは時間がかかりますが、サポート体制が整っていると安心でしょう。
次に、仕入れた商材の入庫登録と、使った商材の出庫登録をします。お客様に販売した商品は会計と同時に、自動で在庫に反映されるので登録の必要はありません。 商品の入庫・出庫登録は、バーコードを読み込むだけで簡単に行えます。

POSシステムを導入したら店内ルールを共有する

POSシステムで適正な在庫管理するためには、店内ルールを共有するのも大切です。商材を仕入れたらいつ登録するのか、商材を使用した場合はどの時点で登録するのか、を決めておくとよいでしょう。
例えば、検品作業を終えて保管場所に商材を移動させた時に入庫登録を行う、商材は使い切った時に出庫登録を行うなど。スタッフ全員でルールを共有しないと、在庫数が合わなくなり、適正な在庫管理ができないので注意しましょう。

美容サロンはPOSシステムで効率のよいやり方で在庫管理を


美容サロンの在庫管理は、時間と手間がかかるので面倒な作業です。効率よく在庫管理するには、POSシステムを導入するのがよいでしょう。在庫管理が楽に行えるだけでなく、分析機能もあるので、お店の改善すべきポイントがわかります。
在庫は「お金」という意識を持ち、スタッフにしっかり教育するのも大切です。スタッフとも協力して適正な在庫管理を行い、売上アップを目指しましょう。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム