美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容サロン経営で陥りやすい悩みとは?原因と効率的な解決策を紹介

HOME > お役立ち情報 > 美容サロン経営で陥りやすい悩みとは?原因と効率的な解決策を紹介
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容師として独立開業すると聞くと華やかなイメージを思い浮かべる人が少なくありませんが、実際には経営者ならではの様々な課題に直面しているもの。成功者は四苦八苦しながら悩みを解決し、経営を続けているのです。この記事では美容サロン経営をしていく上で直面する悩みについて、原因と解決策について紹介していきます。

☆美容サロンの経営者が抱える悩みにはどんなものがある?
 当然のことですが、美容サロンは開業すればそれで終わりではなく、経営には様々な悩みがつきものです。「顧客がつかない」「売り上げがあがらない」などの経営に直結する悩みはもちろん、従業員の雇用や育成に関する悩みもあるでしょう。この記事では、美容サロンのオーナーが抱える悩みについて、原因と解決策を紹介していきます。経営に行き詰まる前に、様々な課題に効率的に対処できるような状況を整えておきましょう。

☆美容サロン経営の悩み①~集客と収入について~
 美容サロンの経営をする中で、多くのオーナーが一度は直面する課題が、集客と収入に関するもの。頑張って開業資金を貯めて、夢の美容サロンのオーナーになったものの、儲かるどころか毎月の生活すら厳しいような状況に陥ることも決して珍しいことではないのです。美容サロン経営を軌道に乗せるには、顧客を獲得することが最も重要ですが、美容サロンの数がコンビニの数を上回ると言われる現代では、顧客獲得もそう簡単なことではありません。「Hotpepper Beauty」などで広告を出しても、新規クーポンの利用のみで次回来店に結びつかないというパターンも多いでしょう。定期的に足を運んでくれるお客様を獲得するためには、他の美容サロンにはない価値を提供することが必要不可欠です。ここでは、集客率を上げるために、そして美容サロン経営を続けるための十分な利益を獲得するために、今すぐ実践できる具体的なポイントを紹介します。

<集客率を上げるにはリピーター確保が鍵!>
 集客率を上げるためには、リピーターを増やすことが最も効果的な方法です。リピーターを増やすにはいくつかの方法がありますが、まずはポイントカード制を導入するのが最も手っ取り早い方法。ポイントが貯まることで割引が受けられたり、ヘアケア製品のプレゼントがもらえたりというような特典を設けることで、「継続して通いたい」という気持ちにさせることができます。また、リピーター向けのクーポンを充実させることも効果的な方法です。新規クーポンで初回はお得に通うことができても、2回目以降はクーポンの用意がない店舗も少なくありません。少しの割引でも、お客様にとっては嬉しいもの。経営に響かない程度で、お得感を感じさせるクーポンの発行を検討してみましょう。当然ですが、こういったポイントやクーポンの導入を検討する前に、お客様が満足できるよう、サービス内容や接客については最大限の努力をしてくださいね。

<広告媒体の上手な活用法>
 顧客獲得のためには、広告媒体を賢く活用することも重要です。「Hotpepper Beauty」のような媒体で広告を出す美容サロンは年々増加しており、競合店が非常に多い状態になっています。高額な広告費用がかかるにもかかわらず、ただ広告を出すだけでは思ったような効果が得られず、広告の取りやめや、プランのグレードダウンを検討する美容サロンのオーナーは少なくないでしょう。どうすれば効果的な広告が打てるのか頭を悩ませている方は、SNSの活用に目を向けてみてはいかがでしょうか。Twitter・Facebook・Instagramなど、現在は様々なSNSが生活の中に定着していますが、美容サロンの広告を目的とする場合に最もぴったりなのがInstagramです。ご存知の通り、Instagramは写真や動画をメインとしたSNSなので、ヘアカタログや雑誌のような感覚で、見る人の視覚に訴えかけることができます。実際に、美容サロンに行く際に、Instagramの投稿の中からお気に入りの髪型や髪色を探したり、日ごろから有名インスタグラマーのヘアアレンジ動画投稿をチェックしたりしているという女性がたくさんいます。Instagramのアカウントを解説して、見ている人の目に留まるような、おしゃれな髪形やヘアアレンジをどんどん配信していきましょう。

☆美容サロン経営の悩み②~人材確保と育成について~
 自分一人で経営している場合は別ですが、美容サロンの規模を拡大するには、スタッフを雇わないとお店が回りません。しかし、どの業界も人材難と言われている現代では、人材の確保も大きな課題となります。特に美容師は国家資格が必要な職業なので、資格が必要ない他業種と比べても人材が集まりにくい傾向にあります。また、せっかくスタッフを雇ってもすぐに辞めてしまって人が定着しない、上手く教育できず育たないといった悩みを抱えることも少なくありません。この項目では、より良い人材を確保して、長きにわたって一緒に働いてもらえるよう、気を付けたいポイントを紹介していきます。

<求人を出しても応募がない…見直すべきポイントは?>
 美容サロンの数は非常に多いので、求人を出しても全く応募が来ないということはよくあることです。落胆せずに、どうしたら求職者の目に留まるのかを、求職者の立場に立って考えてみましょう。まずは、待遇面を見直してみることが第一です。給与・福利厚生・休日日数・昇給やボーナスの有無など、競合店がどのような条件で募集を出しているのかをリサーチし、自店の待遇内容と比較してみてください。更に、「研修が充実している」「雑誌掲載多数」など、サロンのウリとなるポイントもしっかりアピールすることを忘れずに。美容サロンの雰囲気を伝えるために、ホームページやSNSのアカウント情報も記載しておくと良いでしょう。

<スタッフの定着率を上げる試みとは>
「せっかく雇ったスタッフがすぐに辞めてしまった」「数年で辞めてしまうので、ベテラン勢がいつかない」など、雇用契約を締結した後でも、悩みはつきないものです。特に美容業界は離職率が高いことで知られており、労働時間の長さ、低賃金などが主な理由とされています。つまり、離職者を減らし、スタッフの定着率を高めるためには、労働環境の改善は見過ごせないポイントとなります。更に、スタッフと定期的に面談の機会を設けたり、普段から変わった様子がないか気を配るようにしたりして、何か不満を抱えていないか、モチベーションが下がっていないかを事前に察知することも重要です。オーナーと従業員という間柄でも、ここぞというときには本音で真剣に話し合える関係性を築いておくことも、スタッフの離職率を下げるために、日ごろから心がけておきたいポイントの一つと言えるでしょう。

<より良いスタッフの育成のために重要なこと>
 スタッフの教育・育成も、美容サロン経営を成功させるためには重要なポイントです。美容師としての技術的なスキルを積むことはもちろん、接客やトークのノウハウを教えていくことで、結果的に店そのものの利益に直結していくからです。そのためには、新人の頃から積極的にお客様と接する機会を設けて、経験値を積ませることが一番です。実地経験をどんどん積むことで、実践的なスキルが身に付き、仕事に対する責任感ややりがいをダイレクトに感じることができるでしょう。何かあったときのフォローもしっかり行うようにすれば、スタッフとの信頼関係の構築にも役立ちます。

☆美容サロン経営に行き詰る前に…経営課題を明確にしておこう
 美容サロンを開業するまでの道のりは決して楽なものではありませんが、いざ開業した後に更に厳しい現実に直面することは多々あります。経営者ともなれば、常に順風満帆とはいかず、誰しもが必ず大きな課題に悩まされる経験をするはずです。課題を解決できずに美容サロン経営に行き詰ってしまうことがないように、美容サロン経営で陥りがちな悩みについて事前にしっかり知識を得て、原因や対処法を考えておくことが重要です。すでに美容サロン経営で悩みを抱えているという人は、課題の原因を明確にし、焦らずに一つ一つ対策法をためしてみてください。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム