美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容室経営者は必見!支払いのキャッシュレス推進で顧客満足度を高める方法

HOME > お役立ち情報 > 美容室経営者は必見!支払いのキャッシュレス推進で顧客満足度を高める方法
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
キャッシュレス化の推進は、美容室経営者や美容師にもお客さんにもメリットがあります。国も民間事業者もキャッシュレス化を推進しているため補助金等を受けられますし、現金を紛失する心配もありません。お客さんも支払いが楽になり、顧客数の増加につながります。キャッシュレス決済の種類や導入方法を説明します。

美容室もキャッシュレス化に乗り遅れないで!


2019年10月の消費増税に伴う国の緩和策が実施されたこともあり、キャッシュレス化の推進に注目が集まっています。従来からあるクレジットカードに加え、電子マネーやQRコード決済の普及も進んでいますね。 残念ながら、美容室を含む中小事業者では「手続きが難しそう」「お客さんの需要がない」という理由でキャッシュレス化が遅れています。ですが、美容室でキャッシュレス化を推進すれば、働く人にもお客さんにもメリットがあるのです。
キャッシュレス決済にはどのような種類があるか、美容室に導入するにはどうすれば良いか、説明していきます。

なぜ美容室でキャッシュレス推進すべきなのか

キャッシュレス決済とは、文字通り、現金を使わずに代金の支払いを行うことを指します。数週間後に銀行口座から代金が引き落とされるクレジットカードは20世紀半ばに登場しましたし、現在はQRコード決済や非接触決済も推進されています。
しかし残念ながら、ショッピングモールなどの大企業はともかく、美容室を含む中小企業ではキャッシュレス化の推進が遅れているのが現実です。理由は「導入方法がわからない」「手数料が高い」「お客さんが求めていない」といったことですね。 ですが、美容室にとってキャッシュレス化の推進は、メリットのほうがデメリットより大きいのです。確かに手数料は必要ですが、国と民間企業による各種の補助制度も整っていますから、美容室も負担を軽減しつつキャッシュレス化を推進できます。
たとえば、美容室の側は現金を数え間違えることがなくなりますし、保管せずに済むので紛失や盗難のおそれが少なくなります。お客さんもネット予約を簡単に行えるようになると同時に、ポイント還元を受けられるというメリットがありますね。
では、キャッシュレス化の推進は美容室とお客さんにとって具体的にどんなメリットがあるか、デメリットはないのかについて述べていきます。

現金払いのみの美容室は敬遠される!?

俳優のオダギリジョーさんが主役のCMで、このような場面がありました。ある店を世界的なスターが訪れて秘書が「カードは使えますか?」と問いますが、店主が「現金だけです」と答えると、スターは何も買わずに立ち去ります。これはフィクションですが、現実の美容室で同じことがあってもおかしくありません。
相次ぐ増税や保険料増額により、消費者はキャッシュレスによるポイント還元を受けられる店を優先的に選択します。また、美容室のネット予約も一般的になりましたが、予約画面で美容室のキャッシュレス導入の有無が表示される場合も。現金払いのみの美容室は選択肢から外されてしまう可能性があります。

キャッシュレス化は美容室にもメリットがある

ここまで、キャッシュレス化を推進することは、現金の紛失・盗難や数え間違えを防げるなど、美容室側にもメリットがあることを説明しました。ほかにはどのようなメリットがあるか考えてみましょう。
美容室でキャッシュレス決済を導入するメリットとして、スタッフの負担軽減が挙げられます。現金を数えると「数が間違っていたらどうしよう」など精神的負担となり、お客様の髪に直接触れる美容室では、サービス低下につながりかねません。 また、キャッシュレス決済はお客様の使用履歴が残りますので、「この人は毎週この曜日に美容院を訪れ、これくらいの金額を使っている」など、お客様のニーズを把握しやすくなるのもメリットです。

国も民間もキャッシュレスを推進している!

美容室にキャッシュレス決済を導入するためのコストは、政府のキャッシュレス推進事業による補助金と、民間事業者によるキャッシュレス決済推進のためのキャンペーンで賄うことができます。 国の「キャッシュレス・消費者還元事業」のPDFファイルによると、2020年6月までは、国と決済事業者がキャッシュレス用端末の導入費用を全額負担してくれます。また、売上の3.25%ほどかかる手数料の3分の1を、国が補助してくれます。 民間事業者の例を挙げると、後述するPayPayは、2021年9月30日までキャッシュレス決済の手数料を無料にする独自の取り組みを実施しています。

今日からできる美容室のキャッシュレス推進方法

美容室にキャッシュレス決済を導入するための主な方法としては、「クレジットカード」「QRコード決済」「非接触式ICカード」の3種類があります。2018年にJCBが実施した調査では、日本の生活費の37%がクレジットカードで支払われており、非接触式ICカードを含む電子マネーの利用率も70%に達しています。 それぞれのキャッシュレス決済方法は一長一短です。できれば全種類を美容室に導入したいですが、難しければお客様の年代に合わせるなどの工夫を行いましょう。一般的には、クレジットカードは年配の方でも使いやすく、QRコード決済は若者の利用が多くなっています。非接触式はその中間です。
また、スタイリング剤や道具の購入が必要になる美容室では、売上金の入金日がいつなのかも気になりますね。以前は、クレジットカードなら「15日締めで翌月末に振込み」など、入金が数週間後になることがほとんどでした。 ですが、このページでご紹介するキャッシュレス決済は、いずれも売上発生から1週間程度で美容室の銀行口座への入金が可能となっています。ただし正確な入金日はキャッシュレス事業者により異なりますので、必ず入金スケジュールを事業者のウェブサイトやパンフレットで確認してください。

オーソドックスなキャッシュレス決済はクレジットカード

最も一般的なキャッシュレス決済の方法といえば、クレジットカードですね。美容室など店舗側から見れば、デビットカードと国際プランド付きプリペイドカード(au Walletなど)もクレジットカードに含まれます。 美容室がクレジットカード決済を導入するには、三井住友カードやJCBなど、複数の事業者と加盟店契約を結ぶ必要がありました。ですが現在は「Square」のように簡単に全てのクレジットカードを利用できるようになるキャッシュレス決済サービスも登場しています。 Squareは、早ければ決済の翌営業日に入金されることもメリットです。

急速に普及しているQR決済ならではのメリット

LINE PayなどのQRコード決済は、各社が熱心に推進するキャッシュレス決済です。スマートフォンに表示したQRコードを店が読み取るか、店のQRコードをお客さんがスマホのカメラで読み取るだけで支払えるので、「おサイフケータイ」に対応していないスマホでも利用できます。 先ほどもお伝えしたように、PayPayは2021年9月まで手数料無料で導入できるキャンペーンを実施中です。
また、楽天ペイとd払いはポイントを併用できるので、「期限が切れそうなポイントを美容室で使いたい」というお客様の来訪を促せます。

世界的に推進される非接触式キャッシュレス決済とは?

日本では、Suicaや楽天Edy、nanacoなどの「プリペイド式電子マネー」が普及していますね。また、世界中で利用が推進されているのが、スマホがカード代わりになるApple PayとGoogle Payです。カードリーダーにカードを差し込む必要がないため「非接触式決済」と呼ばれます。 Airペイを美容室に導入すれば、ほぼ全てのクレジットカードと一部のQRコード決済に加えて、Suicaなど交通系プリペイド式電子マネーとApple Pay・Google Payに対応可能です。一気に美容室のキャッシュレス化を進めたい方は、導入を検討してください。

キャッシュレス推進でお客さんも美容室も満足度アップ!


美容室にキャッシュレス決済を導入すれば、現金を数え間違えたりなくしたりするストレスから解放され、美容サービスへの専念が可能です。お客様の側から見れば、キャッシュレス決済できる美容室ならば気軽にネット予約できますし、ポイント還元を受けられるというメリットもあるため、ともに満足度がアップするでしょう。
政府は消費増税の負担軽減策を実施し、キャッシュレス決済の事業者も手数料無料などのキャンペーンで普及を推進しているため、機器の導入コストも下がりました。お店とお客様の双方にメリットがある今だからこそ、美容室にキャッシュレス決済を導入してはいかがでしょうか。

サロン開業・経営に関するご相談はこちら
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム