美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

「Googleで予約」の設定方法とは?メリットと注意点もあわせて紹介

HOME > お役立ち情報 > 「Googleで予約」の設定方法とは?メリットと注意点もあわせて紹介
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「Googleで予約」とは、Google検索やGoogleマップで表示された美容サロンの情報内から、簡単に予約できるようにする機能です。ユーザーはほかのサイトを経由せずに直接予約できるようになるため、利便性が向上して集客アップも期待できます。「Googleで予約」を設定するには、事前に連携できるプロバイダと契約しておきましょう。

目次
・「Googleで予約」は利用拡大中のオンライン予約方法
・「Googleで予約」とはどんな機能?
 ・前まであった「メッセージ機能」や「予約URL」とは別のもの
 ・「Googleで予約」を設定するメリット
・「Googleで予約」の設定方法
 ・「Googleで予約」と連携しているプロバイダと契約しよう
 ・Googleマイビジネスの内容を充実させる
・「Googleで予約」を設定して美容サロンの集客アップを

「Googleで予約」は利用拡大中のオンライン予約方法


「Googleで予約」は、近年利用が拡大しているオンライン予約方法です。「Googleで予約」に対応できる予約管理システムや予約サイトが増えてきていますし、それにともなって利用ユーザー数も増加しています。ユーザーには予約サイトよりも簡単に予約が完了できる便利さが、美容サロンには多くのユーザーが利用しているGoogleから直接予約が取れるメリットがあります。「Googleで予約」はGoogleマイビジネスに登録し、対応しているプロバイダと契約するだけで使えるようになります。「Googleで予約」を活用して、美容サロンの集客手段を増やしましょう。

「Googleで予約」とはどんな機能?

「Googleで予約」とはGoogleマイビジネスで提供している機能のひとつで、Google検索を利用したユーザーがそのまま予約までを完了できるようになります。「Googleで予約」からの予約は、連携させた予約管理システムや予約サイトなど(プロバイダ)に集約され、管理できます。
Googleマイビジネスは無料で使えますが、「Googleで予約」には連携させたプロバイダの費用が必要。まだ利用できる業種は限られるものの、理美容業界や飲食店、フィットネスや観光業などを中心に連携できるプロバイダが増えてきています。Googleマイビジネスを使っていれば、自店の営業時間と場所、写真などをGoogle検索とGoogleマップに表示させられ、近くの美容サロンを探しているユーザーにアピールすることが可能です。
さらに「Googleで予約」を利用すればユーザーは予約サイトへ移動する必要がなくなり、さらなる集客効果が期待できます。

前まであった「メッセージ機能」や「予約URL」とは別のもの

「Googleで予約」のほかに、Googleマイビジネスで利用できる予約方法は「メッセージ」と「予約URL」とがあります。
「メッセージ」とはGoogleマイビジネスのスマホアプリでのみ使える機能で、自店の検索結果、店名と業種のすぐ下に「予約する」(ボタンの文言は自動で設定されます)ボタンを表示します。パソコンのGoogleマイビジネスの管理画面ではメッセージの内容は確認できず、「インサイト」で件数だけはわかるしくみです。スマホアプリの通知をオンにしないと、自分から確認しない限りはメッセージに気づけないデメリットがあります。
「予約URL」は自店の検索結果の電話番号の下に、予約サイトのURLリンクを表示させる機能です。URLにキャンペーンパラメータを設定しておくと、Googleアナリティクスで確認したときにGoogleマイビジネスからアクセスしたとわかります。

「Googleで予約」を設定するメリット

「Googleで予約」は「予約URL」と異なり、予約サイトに移動せずに予約を完了できるメリットがあります。Googleアカウントだけでよいので会員登録の手間もなく、予約手続きの途中で離脱されてしまうのを防げます。「Googleで予約」で予約管理システムと連携すれば、予約サイト経由や自店への電話予約などもまとめて管理可能。予約を台帳に書き写す手間や、ダブルブッキングなどの人為的なミスを防ぐこともできます。
「Googleで予約」のボタンは「経路」と「通話」などのボタンのすぐ近くに表示されるため他店と並んだ表示でも目立ち、まだ「Googleで予約」を利用していない店舗に対して差別化も可能です。

「Googleで予約」の設定方法

「Googleで予約」を使えるようにするためには、「Googleで予約」と連携できるプロバイダと契約するとともに、Googleマイビジネスに自店を登録する必要があります。Googleマイビジネスを使うには、ビジネス用のGoogleアカウント(Gmailアドレス)でトップページからログインし、店名と業態(美容院)、店舗所在地や電話番号などの基本情報を入力します。店舗の内外装などの写真を載せ、営業時間や定休日も詳細に記載しましょう。
次にオーナー確認をして、自店の登録内容がGoogle検索に表示されるようにします。Googleで自店を検索すると表示される「このビジネスのオーナーですか?」をクリックし、オーナー確認の手段を電話とハガキ、メールから選択します。いずれかの手段で「確認コード」が取得できたら、先ほどと同様に「このビジネスのオーナーですか?」をクリックし、確認コードを入力してオーナー確認は完了です。
オーナー確認後は第三者に店舗情報を書き換えられることはなくなりますし、投稿された口コミへの返信やキャンペーンなどのイベントの投稿、「Googleで予約」などが利用できるようになります。

「Googleで予約」と連携しているプロバイダと契約しよう

まずは「Googleで予約」と連携できるプロバイダと契約しましょう。利用可能なプロバイダは、Googleのサイト「Googleで予約のパートナー」に一覧表示されています。すでに予約管理システムや予約サイトを利用しているのなら、「Googleで予約」と連携可能か確認してみましょう。また、これから予約管理システムなどを使いたい美容サロンは、「Googleで予約」と連携できるかを選ぶ基準にしてもよいかもしれません。

Googleマイビジネスの内容を充実させる

ユーザーに「Googleで予約」を利用してもらうためには、Googleマイビジネスで自店の情報を充実させましょう。写真の掲載枚数に制限はないので、店舗の設備や施術の様子などもあると、ユーザーに自店の良さが伝わりやすくなります。
写真入りでイベントやキャンペーンを投稿し、店舗の活発な様子もアピールしましょう。投稿された口コミにはすぐに返信。クレームやマイナスな内容の口コミには改善策を示すことで誠意を示し、それを見ているほかのユーザーにも信頼してもらえるように対応しましょう。
Googleの自店の検索結果が、上位に表示される確率を上げることも大切です。Googleマイビジネスの「インサイト」では、どんな語句でどのように自店が検索されたのかを知ることが可能です。写真の閲覧数を見てユーザーの需要を推し量り、それに合うキャンペーンを展開してGoogleマイビジネスに投稿しましょう。

「Googleで予約」を設定して美容サロンの集客アップを


「Googleで予約」を設定し、美容サロンの集客アップを図りましょう。Googleマイビジネスの登録内容を充実させることは、「Googleで予約」の利用数アップにもつながります。写真を多く載せて自店のイメージをわかりやすく伝え、施術メニューや特別営業時間などは変更があればすぐに修正して、最新の情報に更新しておきましょう。口コミは内容に関わらず返信し、それを見る未来の顧客の信頼を得ることも大切です。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム