美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

Googleマイビジネスの削除方法は?不要アカウントは削除しよう!

HOME > お役立ち情報 > Googleマイビジネスの削除方法は?不要アカウントは削除しよう!
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容サロンの集客に役立つGoogleマイビジネス。情報を管理する必要がなくなった場合や、店舗の移転や休業などの際には、情報の混乱を避けるために削除する必要があります。この記事では、Googleマイビジネスの削除方法を詳しく紹介しています。削除する際の注意点もあわせて紹介しますので、参考にしてください。

目次
・Googleマイビジネスの削除とは?どんな時に削除が必要?
・Googleマイビジネスの削除方法
 ・Googleマイビジネスのアカウントから削除する
 ・Googleマップから削除する
 ・必ず2種類の削除対応をする必要がある
・Googleマイビジネスを削除する際に注意すべき点は?
 ・Googleマイビジネスが削除されるまでには時間がかかる
 ・削除したアカウントを復旧することはできない
 ・削除ではなく休業表示にすることも可能
・不要になったGoogleマイビジネスは削除しよう!


Googleマイビジネスの削除とは?どんな時に削除が必要?


美容サロンを閉業する場合、Googleマップ上に美容サロンの情報が残っていると、ユーザーからは営業していると認識されてしまいます。ユーザーの混乱を避けるため、早めにGoogleマップ上からの削除の手続きをすることをおすすめします。ただし、美容サロンの住所を移転して営業を続ける場合には、Googleマイビジネスの削除はせず、住所を更新する対応をとりましょう。
美容サロンの住所を更新すると、新住所での開業日が設定できるようになります。新しい住所の店舗にも継続してお客様が来店してくれるように、正確な情報を公開しましょう。

Googleマイビジネスの削除方法

Googleマイビジネスは、Googleのサービスを利用しているユーザーに対して、美容サロンの情報を効率的に伝えることができる無料のツールです。美容サロンの店舗情報はもちろん、お客様からの口コミをいただいたり、イベントの投稿などで集客を増やしたりする効果が期待できます。
Googleマイビジネスは、登録や日々の更新作業には時間がかかりますが、削除は簡単な手順で対応が完了します。GoogleマイビジネスのGoogleマップ上の情報は、Googleマイビジネスのオーナーのみが削除可能です。 しかし、オーナーが削除を希望したからといって、対応後にすぐにGoogleマップ上から消えるわけではありません。Googleの承認が必要ですので、情報が削除されるまでに時間がかかる場合もあります。そのため、美容サロンの閉店などでGoogleマイビジネスの情報が不要になったと判断したら、早めに削除の対応をするのがよいでしょう。
Googleマイビジネスの削除は、2段階のステップで対応します。まずはGoogleマイビジネスにログインして、管理画面上からの削除です。この対応だけでは、Googleマップ上には美容サロンの情報が残った状態です。そのため、ふたつめのステップとして、Googleマップ上での情報の削除を行います。

Googleマイビジネスのアカウントから削除する

Googleマイビジネスの削除方法のひとつめとして、Googleマイビジネスにログインして、管理画面から削除を実施する方法があります。まずは、美容サロン用に作成したGoogleアカウントで、Googleマイビジネスにログインします。管理画面の左側にあるメニューの中から「情報」を選んでクリックします
「このリスティングを閉業、または削除する」、「リスティングを削除」、「削除」の順にクリックして進むと削除が完了します。 Googleマイビジネスの削除は、Googleマイビジネスのオーナーだけが対応できる作業です。写真や投稿などのコンテンツも全て削除されます。

Googleマップから削除する

Googleマイビジネスの削除をする際のふたつめの手順は、Googleマップ上からの削除を行うことです。まず、美容サロン用のGoogleアカウントでログインした状態で、Googleマップを開きます。地図上で削除したい美容サロンの情報を表示させ、画面左側に表示される「情報の修正を提案」をクリックします。「閉業または削除する」、「削除」、「送信」までクリックすると、作業は完了です。
ただし、削除はリアルタイムでは反映されません。Googleの承認が完了したら削除対応が行われ、Googleマップ上から美容サロンの情報が消えます。

必ず2種類の削除対応をする必要がある

Googleマイビジネスを削除する際には、2種類の対応をどちらとも完了させる必要があります。まず、Googleマイビジネスにログインして削除をする方法。そして、Googleマップ上で削除をする方法です。例えば、Googleマイビジネスのみ削除をした場合、Googleマップ上の美容サロンの情報は削除されず、表示されたままになってしまうのです。
Googleマップ上に美容サロンの情報が残っていると、ユーザーには美容サロンが営業しているように見えてしまいます。正確な情報を知る妨げになりますので、両方の削除対応をしましょう。

Googleマイビジネスを削除する際に注意すべき点は?

Googleマイビジネスの情報が不要になったときには、これまで利用していた登録を削除しましょう。Googleマイビジネスの削除は、オーナーが対応する必要があります。Googleマイビジネスには、アカウント運用中に使用できる専用の問い合わせページが準備されています。
しかしこの問い合わせ機能で依頼しても、Googleでは削除対応をしてくれません。オーナーからの削除申請を受けて、Google側はツールを利用して削除の自動処理を行っています。そのため、カスタマーセンターへの連絡をしても、手動で削除するサポート体制をとっていないのです。
また、削除の対応をする際に、複数の美容サロンの情報を一括で削除する機能もあります。一括削除をしようとすると、エラーになる場合があります。その場合には、1件ずつ削除をしましょう。
Googleマイビジネスの削除をする際には、対応する際に注意したい点がいくつかあります。削除の対応を始める前に、注意点を必ず確認しておきましょう。削除までには時間がかかること、削除後の復旧はできないこと、休業の場合には対応が異なることなどです。それぞれ詳しく紹介します。

Googleマイビジネスが削除されるまでには時間がかかる

Googleマイビジネスの削除申請後、Googleマップ上からGoogleマイビジネスの情報はすぐに消えるわけではありません。Googleマイビジネスのオーナーからの申請を受けて、Googleが受理するまでに時間がかかるためです。削除されるまでにかかる時間は、最短で1週間ほどです。中には、長い場合で数ヶ月から1年以上かかったケースもあるようです。削除されるまで、あせらず気長に待ちたいところです。ただし、Googleマイビジネスへのアクセス数や口コミ件数が多かったGoogleマイビジネスの場合には、削除申請をしても削除されず、登録が残される場合もあります。

削除したアカウントを復旧することはできない

Googleマイビジネスは、削除したら復旧はできません。削除すると、これまでお客様からいただいた口コミや星評価なども全て消えてしまいます。そのため削除は、慎重に検討してから対応することをおすすめします。あまり使わないからといって安易に削除してしまうと、後悔することにもなりまねません。
ただし、Googleマイビジネスの管理画面からの削除申請後でも、Googleマップ上の店舗情報の削除がまだの場合には、例外です。この場合、再度Googleマップ上の店舗情報からオーナー確認を行えば、管理を再開できます。

削除ではなく休業表示にすることも可能

美容サロンの営業を完全に辞めるわけではなく、一時的に休業する場合もあるかもしれません。その場合には、Googleマイビジネスの削除ではなく、別の方法で対応をしましょう。Googleマイビジネスを削除せずに休業状態にしておけば、将来また開業する際にそのまま利用できるからです。
登録変更する場合には、Googleマイビジネスにログインします。情報欄を開き、画面右側に表示される「このリスティングを閉業または削除する」、「閉業マークをつける」をクリックしてください。Googleマップの店舗情報に休業マークがつくだけなので、休業期間もGoogleマイビジネスの情報を変更することが可能です。

不要になったGoogleマイビジネスは削除しよう!


Googleマイビジネスは、インターネット上での集客に大きな効果が期待できるツールです。しかし、美容サロンの営業を辞める際には、不要になった情報は削除したいもの。古い情報がいつまでも残っていると、閉店済みの店舗にユーザーが来店しようとしてしまうかもしれません。 Googleマイビジネスの削除手順は簡単です。ただし、Googleマイビジネスの登録情報は、一度削除してしまうと復旧できません。削除したことを後悔しないためにも、本当に不要になったと判断した時点での削除対応をおすすめします。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム