美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

Googleマイビジネスの登録の仕方は?美容サロン向けに詳しく解説

HOME > お役立ち情報 > Googleマイビジネスの登録の仕方は?美容サロン向けに詳しく解説
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Googleマイビジネスは無料で利用でき、多くの新規顧客に効果的にアピールすることが可能です。登録して店舗情報を充実させ、集客手段を増やしましょう。この記事では、Googleマイビジネスの登録の仕方を詳しく解説します。Googleマイビジネスの登録代行を行ってくれる業者もあります。

目次
・美容サロンがGoogleマイビジネスでできること
・Googleマイビジネスに登録するには?
 ・Googleマップの地点登録状況とGoogleアカウントを確認
 ・Googleマイビジネス登録の操作方法
 ・Googleマイビジネスに登録後は情報を追加しよう
・Googleマイビジネスの登録代行とは
 ・登録代行と「MEO代行」との違い
 ・Googleマイビジネスの登録代行を使うメリットとデメリット
 ・Googleマイビジネスの登録代行の選び方
・Googleマイビジネスの登録の仕方は簡単!美容サロンの集客手段を増やそう

美容サロンがGoogleマイビジネスでできること


美容サロンはGoogleマイビジネスに登録すれば、ネット上で自店を効果的にアピールできるようになります。登録と管理は無料で、ユーザー数の多いGoogleに表示されるメリットは大きいといえるでしょう。Googleのユーザーは「美容室 なんば」などで検索するため、その際にGoogleマイビジネスが表示されることで見込み顧客を獲得できるチャンスが増えます。
自店がGoogleの検索結果の上位に表示されやすくなるには、情報を多く掲載し、まめに更新することが大切。自分ではどう登録すればいいかわからない、運用するのが不安な方は、Googleマイビジネスの登録代行を依頼してはいかがでしょうか。

Googleマイビジネスに登録するには?

「Googleマイビジネス」とは、Google検索とGoogleマップに自店の情報を表示させるためのツールです。登録は無料な上、ユーザー数の多いGoogleで自店をアピールできるメリットがあります。Googleのユーザーは多くの場合、「近くの美容室」や「美容室 新宿」のように検索するといいます。美容サロンのように店舗を構えるビジネスとは、相性が良いツールといえるでしょう。
Googleマイビジネスに多くの情報を登録しておけば、Google検索だけで自店の名前と場所だけでなく、営業時間や施術メニュー、現在のキャンペーン情報も表示できます。さらに「Googleで予約」に対応できるプロバイダ(予約管理システムなど)と契約していれば、Google検索からすぐに予約ができるようにもなります。Googleマイビジネスの管理はパソコンと、iOSとAndroidのスマホアプリから可能です。

Googleマップの地点登録状況とGoogleアカウントを確認

Googleマイビジネスに登録するときには、まずは自店の場所が地点登録されているかどうかを確認しましょう。Googleマップの地点登録は店舗オーナーだけでなく、第三者やGoogleの自動処理でも可能だからです。もしもすでに地点登録されている場所に自店を重複して登録すると、Google検索やGoogleマップできちんと表示されなくなります。
Googleマップで「地名 自店の名前」で検索し、マップ上に赤いピンが表示されなければ登録されていないと確認できます。赤いピンが立っていて自店の名前がすでにあったら、店舗情報の「このビジネスのオーナーですか?」をクリックしましょう。そのまま進んで手続きをすれば、オーナー権限を取得できます。

Googleマイビジネス登録の操作方法

Googleマイビジネスのログイン画面の右上にある「ご利用を開始」をクリックしましょう。ビジネス名には自店名を入力し、次の画面で店舗所在地の国と郵便番号、都道府県とその後の住所を入力します。さらに次の画面ではマップ上の赤いピンの位置を決めます。自動で示された場所が実際とズレているときは、手動で正確な位置に修正しましょう。
次画面の「ビジネスのタイプ」とは業種を指すので、美容サロンであれば一覧から「サービス」、次に「美容院」と選択します。次画面の「連絡先情報の入力」で自店のWebサイトのURLと電話番号を入力し、次の「ビジネスの確認」を読んで「続行」をクリックしましょう。
最後にオーナー確認の方法を選択します。「無料のWebサイトをプレビュー」と出てきますが、すでにホームページがある場合やGoogleで作る必要がない場合は、「プレビューしない」で終了してかまいません。

Googleマイビジネスに登録後は情報を追加しよう

Googleマイビジネスの管理画面を見ると、登録直後は「確認待ち」と表示されています。先ほどのオーナー確認でハガキを選択した方は、到着したハガキに書かれている「確認コード」を入力しましょう。そうするとGoogle検索とマップに、自店が表示されるようになります。その後は自店情報を追加して、Googleのユーザーへのアピール度を高めます。
曜日ごとの営業時間や開業日などの基本情報に加え、施術メニューや写真の追加も行いましょう。写真は検索結果にメインで表示されるものだけでなく、スタッフや施術の様子、店舗の内外装も入れておくと、ユーザーに雰囲気が伝わりやすくなるでしょう。

Googleマイビジネスの登録代行とは

Googleマイビジネスにちゃんと登録できるか不安、どう運用すればいいのかわからないとお悩みの方は、登録代行を利用してみてはいかがでしょうか。一般的な登録代行はGoogleマイビジネスの初期設定のみを行いますが、MEO代行でならその後のサポートやGoogle検索の上位表示対策も可能です。
ユーザーに効果的にアピールできる写真を掲載し、情報を漏れなく、間違いのないように登録するには、プロの業者におまかせするのも一つの手でしょう。登録代行に依頼すればオーナーはその作業の手間がなくなり、別の業務に時間を割けるメリットもあります。

登録代行と「MEO代行」との違い

Googleマイビジネスの登録代行とMEO代行とはどう違うのでしょうか。登録代行はGoogleマイビジネスの基本的な登録作業のみを行う業者です。Googleマイビジネスのアカウントを取得してオーナー確認をし、基本情報やカバー写真、オーナー権限者などの登録を代行します。その後のサポートや登録情報の更新については業者への確認が必要です。
MEO代行はGoogleマイビジネスの登録だけでなく、その後の運用サポートを継続して行います。Google検索やGoogleマップで店舗が上位に表示されるように情報更新をまめにしたり、口コミに返信したりも代行します。初期費用は無料のことが多く、月々一定額または検索結果による成果報酬型の業者が多いようです。

Googleマイビジネスの登録代行を使うメリットとデメリット

Googleマイビジネスの登録代行を依頼すれば、オーナーは手間と時間をかけずに済み、検索結果の上位に表示されるようにポイントを押さえて登録してもらえます。自分ではパソコンの操作に自信がない、ネットの知識豊富なプロにお願いした方が間違いないと考える方は、登録代行を利用してみましょう。
ですが登録代行はお願いした内容に応じて、それなりに費用がかかるのがデメリットです。契約期間に条件があり、こちらの都合で途中解約ができない場合があることも覚えておきましょう。

Googleマイビジネスの登録代行の選び方

Googleマイビジネスの登録代行はGoogleマイビジネスの管理実績、とくに美容サロンのビジネス情報を扱ったことがある業者を選びましょう。手厚いフォローやサービスを望むのなら、自店のビジネスを発展させられるサービスも提供している業者がおすすめです。業者のサイトで紹介されている事例を確認し、自店の状況と似たようなケースがあると安心できるでしょう。
また、Googleのサービスである「Googleで予約」も利用できる業者であれば、Googleマイビジネスの登録と合わせて集客効果が期待できます。

Googleマイビジネスの登録の仕方は簡単!美容サロンの集客手段を増やそう


Googleマイビジネスは、誰でも登録できます。登録してオーナー確認が済んだら自店の情報を充実させ、Googleでのアピール度を高めましょう。Googleでの検索結果は検索ワードとの関連性のほか、知名度と距離の近さなどの要素があわさって上位への表示されやすさが変化します。 自店の潜在顧客の目に留まるよう、登録後も検索内容に合わせて、Googleマイビジネスの登録内容を更新しましょう。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム