美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容サロンの順調な経営方法は?経営者に必要な能力と成功に導くには

HOME > お役立ち情報 > 美容サロンの順調な経営方法は?経営者に必要な能力と成功に導くには
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容サロンの数は年々増加傾向にあり、美容業界全体も飽和状態にあるといわれているため、閉店や倒産を余儀なくされるサロンも少なくありません。そんな厳しい状況下でも、経営を安定させて、成功している美容サロンも存在します。美容サロン経営が上手くいくオーナーの特徴と、失敗せずに経営を順調に進めていくために心がけるべき方法を紹介します。


目次
・美容サロンの厳しい現状!サロン経営が難しい理由とは
・美容サロン経営が上手くいくオーナーの特徴
 ・最低限知るべき基本の経営知識を習得している
 ・状況に合わせて臨機応変に対応できる柔軟な思考を持っている
 ・顧客のニーズや市場動向を把握している
・失敗を避けるために!心がけるべき経営を成功に導く方法
 ・売上や利益を生み出す仕組みを作る
 ・リピート率を上げるために顧客管理を徹底する
 ・スタッフとの円滑なコミュニケーションを図る
・美容サロンの強みを活かした経営方法を身に着けよう


美容サロンの厳しい現状!サロン経営が難しい理由とは


せっかくの思いで開業に漕ぎつけても、サロン経営が上手くいかず、閉店や廃業に追い込まれてしまう美容サロンは後を絶ちません。理美容業界の規模は大きく、特に美容市場の需要は高いこともあり、サロン経営は難しいといわれながらも美容サロンの数は増え続けています。サロンの増加に伴い、美容師の数も年々増加傾向にありますが、働き口の選択肢が増えたことで、スタッフや顧客を取り合う形となり、従業員の確保が追い付かずに倒産するサロンも少なくないようです。
厳しい現状の中、生存競争を勝ち抜くには、顧客やスタッフから選ばれる魅力的な店舗を目指すしかありません。

美容サロン経営が上手くいくオーナーの特徴

美容サロンに限らず、多くの業種で1年で40%ほどの生存率と、半数以上が廃業を余儀なくされています。起業して継続していくことは、一筋縄ではいかないという現実があります。美容サロン経営で上手くいっているオーナーには共通点がいくつかあり、失敗のリスクをできるだけ減らす経営戦略を立てています。サロンを開業して成功しているオーナーはマーケティングの重要性に気づいており、お客様に選ばれる価値を見出し、魅力を上手に伝えていくことに力を入れているのです。
またどの業界でも言えることですが、自分本位な考えではなく、顧客へ価値を提供することを一番に考えているという点も共通しています。お客様のことを考えると言っても、安易に安売りするのではなく、価格競争に巻き込まれないことも、生き残る上で重要な対策といえます。他店に比べて高い料金であっても納得してもらえるサービス、仕上がりにしなければなりません。
サロンオーナーの仕事は日々多忙を極めており1人ですべてを回すには限界があるため、自分がやらなくてもいい仕事、他の人に任せられる仕事は任せるといった判断も大切になってきます。

最低限知るべき基本の経営知識を習得している

技術力を有する美容師がオーナーを務める美容サロンが必ずしも儲かっているわけではありません。集客や営業だけでなく、最低限知るべき経営の基礎知識を持つオーナーがサロン運営を軌道に乗せています。できれば経営に関する知識は開業前からある程度習得しておくことがベストですが、経営者の勉強は多岐に渡るため、少なくとも何か問題に直面した時に柔軟に対応できるだけのノウハウや情報は知っておきたいものです。
本などで事前に勉強していても、実際その場面になってみないと本当の意味で理解できていないことも多いので、経営の勉強は机上でのインプットと実践でのアウトプットを日々繰り返していく必要があります。

状況に合わせて臨機応変に対応できる柔軟な思考を持っている

日々経営に携わっていると、さまざまな課題にぶつかります。経営に関する知識や経営ノウハウも大切ですが、目の前の状況に合わせて臨機応変に対応できる柔軟な思考を持っていることも、サロン経営が上手くいくオーナーの特徴といえます。またその時の状況のみならず、こだわりを持ちながらも、時代や社会情勢に合わせられる柔軟さも欠かせません。
サロンオーナーはあらゆる場面で迅速な決定を下す立場にあるため、ブレない判断が必要ですが、その判断が常に経営者の独りよがりであってはいけません。自分と異なる考え方や価値観に出会っても、自身の考えに固執して頭ごなしに否定するのではなく、人の意見に耳を傾けられる柔軟性を持ち続けることが肝要です。

顧客のニーズや市場動向を把握している

競争が激しい美容業界では、長期的に売上を維持していくことは容易ではありません。美容サロン経営を安定させるには、顧客を効率よく呼び込むことが重要になります。さまざまな方法で集客をしていても、思ったほどお客様が来店しない場合は、効果的な集客を行う上で必要となる美容サロンを利用する顧客のニーズや市場動向を把握しておくことが大切です。
順調な経営を行うオーナーは、顧客や美容業界、競争相手の動向といった自社を取り巻く外部環境を常に把握することに努め、経営の方向性を定めています。既存データや各種メディアの活用、インターネットでの情報収集、顧客へのアンケートなど、積極的な調査・リサーチが不可欠です。

失敗を避けるために!心がけるべき経営を成功に導く方法

美容サロン経営を軌道に乗せていくには、美容師目線から経営者目線に切り替えていくことが大切です。美容師のスキルと経営のスキルは別物であり、それぞれのスキルアップを図るにも、取り組む課題は異なってきます。ただ、より大きな利益を求めるなら、美容師の技術力と経営者に欠かせない経営力を同時に高める必要があります。店舗運営においては、売上金額はもちろん、広告費や人件費、材料費といった経費にも目を向けていかなければなりません。
また1日に目標とする売上額や集客数、客単価に関しては、売上より利益として捉えることも重要です。利益を追求するあまり、回転率を上げ過ぎたことでスタッフへの負担が大きくなり、離職してしまっては意味がありません。スタッフからも愛される働きやすい職場環境に整えることも、成功するための重要な課題となります。

売上や利益を生み出す仕組みを作る

美容サロンの経営では、美容師の技術力や丁寧な接客対応の他に、売上や利益を生み出す仕組みを構築するのも効果的といえます。多数ある競合店の中から自店を選んでもらうには、他とは異なる独自性のある特徴を持たせることが肝心です。推しとなるメニューを決める際には、自サロンの魅力が伝わるように設定しましょう。
カットで差別化を図るには作業のスピードや安さで勝負することになり、チェーン展開している格安サロンと競合してしまいかねません。客単価を上げる場合も、売りにするメニューはカット以外から、1つに絞るということも効果的です。

リピート率を上げるために顧客管理を徹底する

自サロンの売上を上げるには、新規顧客とリピーターを獲得する必要があります。売上に直結するのは新規とされていますが、通い続けてくれるお客様がいなければ、サロンは継続できません。新規集客は売上の向上に繋がりやすい反面、アプローチ方法は難しく、リピート客に向けた集客に比べても、コストは5倍ほどかかるといわれています。また新規顧客獲得には高額の広告費用が発生しますが、既存顧客の集客にはコストが抑えられるといったメリットもあります。
売上が悪い時は集客に経費をかけ過ぎるのは大きな負担となるので、まずは今来てくれている既存顧客を大切にすることが何より重要です。POSや顧客管理システムなどで顧客管理を徹底し、お得意様には何度も来店したくなる特別感を持つサービスを提供して、効果的にリピート率を上げましょう。

スタッフとの円滑なコミュニケーションを図る

働いているスタッフのモチベーションを上げ、信頼感を築いていくには、定期的にコミュニケーションを取り、悩みや相談が打ち明けやすい関係を構築していくことが大切です。離職率が高いといわれる美容業界では、拘束時間の長さや給与への不満、体力的な厳しさ、人間関係、オーナーや店長からのプレッシャーといった労働条件や労働環境の問題が原因で離職する美容師が多いといいます。
スタッフが定着する職場を作るには、日頃から円滑なコミュニケーションを図り、誰もが活き活きと働ける雰囲気のよい組織づくりが必要です。

美容サロンの強みを活かした経営方法を身に着けよう


美容サロンの経営を安定させるには、美容師の技術力はもちろん、日々勉強を継続し、経営に関するスキルや情報をアップデートしていくことが大事になります。こだわりやオリジナリティを持つことは大切ですが、客観的に物事を分析できる視野の広さも持ち合わせたいものです。
顧客ニーズや市場動向をしっかり把握し、自サロンの強みや魅力を活かした経営方法を身に着けて、美容サロン経営を成功させましょう。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム