美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容師が独立する最適な年齢は?平均年齢やタイミングなどを徹底解説

HOME > お役立ち情報 > 美容師が独立する最適な年齢は?平均年齢やタイミングなどを徹底解説
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
美容師をしていれば1度くらい考える独立。実際にどのくらいキャリアを積めば独立できるのでしょうか?早ければいいということは全くなく、きちんと準備をすることが重要です。この記事では、独立するうえで最適な年齢や実際に独立した美容師の平均年齢、タイミングなどを詳しく紹介していきます。独立を検討している人は、ぜひ参考にしてください。

☆独立したい美容師必見!独立するまでに行うべきことや平均的な年齢を知ろう
 美容師なら誰もが夢見る「独立」という2文字。経験を積んだ多くの美容師さんが、開業し独立しています。独立=成功ではないので、しっかりと独立するまでに準備をすることが大切。資金も余裕を持って用意しておけば安心です。独立を成功させるためには、時期の見極めやタイミングも重要。経営が立ち行かなくなってしまい、早期にお店をたたむことになってしまうことがないように、事前にしっかりと計画を立てましょう。
この記事では美容師が独立までに行うべきことや年齢について詳しく解説していきます。将来的に独立を考えている方はぜひ参考にしてください。

☆美容師が独立するまでにやっておきたいこと
 まずは美容師が独立するまでに行っておきたいことを確認していきましょう。もちろんキャリアを積んでおくことは大前提。技術が伴わなければ、独立しても多くの顧客を獲得することはできません。
 ・概念(コンセプト)決め
 ・資金用意
 ・店舗(テナント)決め
 ・内装やインテリアの準備
 ・役所や保健所関係の手続き(書類の提出など)
 ・美容サロンに必要な機器や薬剤などを揃える
コンセプトを決めたらそれに合わせて立地を考えていきます。ターゲットになる人は普段どんな生活をしているのか、どのような場所をよく利用するのか、などを具体的に考えて決めましょう。
内装や雰囲気づくりもとても重要になります。美容サロンでは長い時間を過ごすことになるので、顧客がリラックスして快適に過ごせるように、照明・家具の色や配置などに配慮してください。おしゃれかつ居心地の良い空間を作るには、コンセプトに合わせて、インテリアに統一感を出すことを心がけると良いでしょう。

独立するにあたっては、様々な手続きが発生します。開設届などの様々な書類の提出や、保健所の検査などの手続きも行わなければなりません。このような手続きは、時間がかかるものが多くあるので、時間や日にちに余裕を持って行いましょう。

<お店の概念を考えよう>
 まずはお店の概念を考えますが、最もぶれてはいけない部分なので、きちんと方向性を決める必要があります。方針が明確に定まっていれば、思い描いている目標やコンセプトに見合った人材を見つけることができるはずです。どの年代をターゲットにするのかも重要なポイントで、先にターゲットを決めてからテナントの場所を決めていくと失敗が少ないでしょう。例えば、若い人や会社帰りの人をターゲットにするなら駅近の立地がおすすめ。内装もおしゃれだとよりイメージアップに繋がるでしょう。年配の人や家族連れをターゲットにするなら住宅街やスーパーの近くがおすすめ。できるだけ割安にすることで、頻繁に足を運んでもらえるようになるでしょう。

<資金を用意しよう>
 独立するためにはお金がかかるので、きちんと資金を準備することが大切。起業する人は、日本政策金融公庫などから様々なサポートを受けることができるます。自分の貯金でまかなえるなら問題ありませんが、余裕を持ってスタートするためには、金融機関からの融資も検討しておきましょう。
融資を受ける場合は時間にも余裕を持って申し込みや相談を行うのがおすすめ。また、独立支援制度を行っている美容サロンもあり、そのような美容サロンならお店で働きながら独立するためのノウハウを教えてもらうことができます。

<集客方法を考えておこう>
 独立した後の集客方法もきちんと考えておきましょう。基本的な部分としては、美容師としての技術・接客の質・お店のイメージがとても大切です。どれも集客を目指す上で1つも欠けてはいけない大事なポイントとなります。
具体的な集客方法は、チラシを作ってポスティングやSNSなどで発信するなど、方法は様々です。チラシと一緒に初回の割引券などをつけておけば足を運びやすくなります。ポイントカードの作成もおすすめ。ポイントを貯めて割引券やグッズと交換できるようにすれば魅力的です。

☆独立するタイミングはいつがいい?
 誰もが夢見る独立ですが、具体的にどのタイミングがベストなのでしょうか?実際には、25歳~35歳の間に独立している人が多く見られます。もちろん実力と資金があるのならば、早いに越したことはありません。美容師業界は、体力も必要な仕事。若いうちに独立しておけば体力のある時に多少無理をしても頑張ることができます。
また、美容業界はトレンドを取り入れることが重視される世界なので、同等のスキルを持ち合わせている場合、どうしても情報に敏感な若手美容師に人気が集中します。つまり、若いうちに独立しておけば顧客がつきやすい傾向があるのです。
とはいえ、いくら若くてトレンド情報に敏感でも、顧客の望んだ希望の髪形にできなくては意味がありません。また、技術がどんなに良くても、愛想のない美容師に継続して担当してほしいと思う顧客はいないでしょう。技術面や接客面など全てに優れている人は、若くして独立しても成功する可能性が高まります。ただし、自分自身を過大評価せず謙虚な気持ちを持つことも大切。バランス良く総合力を身につけてください。

<独立するうえで最適な年齢をチェック>
 独立するうえで必要な期間は8年~10年。最適な年齢は、約30歳と言われています。キャリアも積んでいるので技術も高く、資金にも余裕が出てくる頃です。開業資金を全て金融機関に借りてしまうと、その分返済が増えてきつくなってしまいます。独立を目指している人は、コツコツと資金を貯めることをおすすめします。
十分に準備してから開業することは大切ですが、タイミングを逃し遅くなってしまうと、独立が難しくなってしまいます。美容師業界は45歳前がピークで、それ以降は開業しても成功する確率が低下の一途をたどると言われているので、開業する時期はよく考えましょう。

<美容師が実際に独立した時の平均年齢>
 美容師が実際に独立した平均年齢は31歳。平均すると25歳~35歳で独立した人が多く、約10年弱店舗で勤務して独立したということになります。ここからは男性と女性別に独立した時の平均年齢をランキング形式で見ていきましょう。
 ・男性
 1位:31歳
 2位:33歳
 3位:30歳

 ・女性
 1位:35歳
 2位:34歳
 3位:33歳
このように男女問わずほとんどの人は30代で独立しています。独立を考えている人は、自分の中で何歳までに独立するかしっかりとした目標を立て、それに向かって計画的に準備を進めていくことが重要です。1人でプランを考えるのが難しい場合は、美容師の独立を支援してくれるアドバイザーを探し、力を借りましょう。

<最年少で独立した美容師の年齢は?>
 最年少で独立した美容師の年齢は21歳で、フリーランスの美容師として独立し活躍中と言われています。専門や短大に2年通ったことを考えても、約1~2年で独立したということです。美容師は、実力や技術が伴えばそれだけ早く自分のお店をもつことが可能で、フリーランス美容師として活躍できるということが分かります。
もちろん最短での独立を目指すには、人並み以上の努力が必要です。また、細かい目標を決めてそれを1つずつ達成していくのも方法の1つ。努力を惜しまず継続することで実力が身につき、独立への近道となります。

☆最適な年齢で独立するために準備をしっかり行おう
 現在は、美容師で独立を考えている人の多くが、30代で開業しています。独立は早ければ早いほどいいですが、成功するためには、きちんと計画を立て準備することが重要。方針がぶれないようにしっかり方向性を考え、資金も十分に用意しておかなければ、後から経営が苦しくなってしまいます。独立するまでに全ての面で余裕を持ち、実力を身につけておけば安心して開業準備を進めることが可能です。最適な年齢で独立の夢を叶えるために、まずは具体的に計画を立ててみましょう。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグ

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム