美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

美容サロンのバーコード決済導入によるメリット・デメリットとは?

HOME > お役立ち情報 > 美容サロンのバーコード決済導入によるメリット・デメリットとは?
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
バーコード決済は、スマートでスピーディーに支払いができて便利な反面、気を付けなければならないこともあります。決済手段を管理するシステムのため、深く経営に関わるので、よりシステムを理解し安定して稼働できるメリットとデメリットを案内します。

バーコード決済の仕組みとは

バーコード決済とは、その名の通り、バーコードを用いた決済方法のこと。商品のパッケージなどに記載されているおなじみのバーコードは、一次元バーコードと呼ばれます。近年、急速に普及が進んでいる「QRコード」などは、二次元バーコードと呼ばれ、一次元バーコードよりも更に多くの情報を含めることが可能な方式です。
バーコード決済では、これらのバーコードを専用のコードリーダーやレーザーセンサー、近年主流となっているスマートフォンの画像処理により読み込みます。端末一台あれば利用することができ、安全で便利な「バーコード決済」の仕組みを紹介します。

バーコード決済を導入するメリットとは?

近年、バーコード決算は、世界中で多くの企業が開発に参入し、導入店舗が増加し続けています。日本国内も例外ではありません。
シェアが急増している大きな要因として、店舗側にとっても、利用客側にとっても、バーコード決済の導入によって多大なメリットがあることが挙げられます。
店舗側にとっては、バーコード決済を利用したいお客様を取り込むことができるため、集客効果が見込めることが最も大きなメリットと言えるでしょう。素早く決済処理を完了させることができるため、業務の効率化にもつながります。
一方、お客様側にとっては、安心してキャッシュレス決済ができるという利点があります。カラーやパーマなどを利用すると、思いのほか料金がかかってしまったということが珍しくありませんが、バーコード決済ならもちあわせの現金が足りなくても安心です。更に、バーコード決済サービス各社では、利用者に向けたキャンペーンが開催されていることが多く、現金よりもお得に支払いができるというメリットも。バーコード決済は初期費用が安く済むため、中小企業や個人経営の店舗でも、比較的気軽に導入することができるサービスです。客単価が高くなりがちな美容サロンだからこそ、バーコード決済の導入をおすすめします。
ここでは、バーコード決済を導入することで期待できるメリットについて、詳しく見ていきましょう。

初期費用が抑えられ、集客UP!

例えばクレジットカード決済の導入には、高額なカードリーダーを用意する必要がありますが、バーコード決済ならアプリをダウンロードした端末が利用できるため、初期費用を抑えて手軽に導入することができます。決算手数料もクレジット決済に比べると格安で済ませることができるので、ランニングコストという面でもコスト削減効果が見込めます。導入のハードルが低いわりに、高い集客効果が見込めることも利点の一つでしょう。バーコード決済が利用できるというだけで、「安全なキャッシュレス決済を利用したい」というお客様を取り込むことができるからです。
また、バーコード決済のサービス会社によっては、ポイント制度を取り入れていたり、お得なキャンペーンの開催を行っていたりする場合も。現金よりもお得に利用できることが多いため、今後、バーコード決済の認知度が更に高まるにつれて、利用者はどんどん増加していくと考えられます。

配信でお客様にアプローチでき、データ管理ができる

バーコード決済は、タブレットPOSとの連携が可能なサービスがどんどん登場しています。タブレットPOSとは、iPadなどのタブレット端末に専用アプリをダウンロードすることで使用できる、新しいレジスターシステムのこと。従来のレジスターとは異なり、POS上で様々な情報の一元管理が可能になります。商品情報はもちろん、販売時の細かいデータを蓄積することができ、経営分析が簡単に行えます。物品の在庫管理なども自動で行われるため、今まで雑務に費やしていた時間を短縮することが可能。お客様一人ひとりの情報や施術カルテを細かく管理することができるので、より細やかな気配りができるようになり、アフターフォローにも役立つでしょう。クーポンやメッセージの配信もPOS上で行うことができるので、リピーター獲得にも繋がります。
また、いつでもどこでもリアルタイムの売り上げを遠隔で確認することができるため、多忙なオーナーにもおすすめです。

クレジットではないので安全性が高い

バーコード決済は、端末ならではのセキュリティー対策がされているため、クレジットカードよりも安心して利用していただくことができるサービスです。決済用のバーコードは暗号化され、数分毎に更新されたものが決済システムに送信されます。情報保護の国際基準にのっとっているため、高いセキュリティで管理され、すり替えなどの不正バーコードの利用が起こりにくいというメリットがあります。クレジットカードをお店側に渡す事がないので、カード情報を盗まれたや不正利用されたなどの、お客様の不安もなくなり、金銭的トラブルの減少が期待できるでしょう。

バーコード決済導入のデメリットとは?

2020年のオリンピック対策や、2019年10月の消費税増税を控えて、日本政府はキャッシュレス決済を推進。今後ますますキャッシュレス決済を利用する人は増加することが予想されており、携帯しない人が増えると予想されています。便利さばかりが取りだたされるバーコード決済ですが、一方でデメリットが存在するのも事実。「リエールファクトリー」による2019年1月実施の調査によると、コード決済について、消費者は下記のような意見を抱えているようです。
・不正利用が怖い32%
・使えるお店がわからない23%
・現金をもち歩かなくても便利16%
・興味がない16%
・還元率が高くてお得13%
バーコード決済の便利さに魅力を感じる人がいる一方で、セキュリティ面の不安を抱える人、利用店舗やメリットがいまいちわからないという人も多くいることがわかります。そのため、バーコード決済の利用者が少ないため、導入の意味がないのではないかと考える事業者もいることでしょう。ここでは、バーコード決済のデメリットについて、いくつか紹介します。

アプリ自体の認知度が低い

アプリ自体の知名度が低いことは、致命的なデメリットと言えます。どんなに便利なバーコード決済を導入しても、まだまだ発展途上のサービスであるため、クレジットカードなどと比べると利用者が少ないのが現状です。バーコード決済の存在を知っていても、利用できる店舗が少ないから利用しない、そもそもどうやって利用すればいいのかわからないなど、理由はさまざまです。そのため、店舗側では、利用を促す宣伝や働きかけが必要になります。

セキュリティ面でリスクがある?

店舗側も消費者側も最も懸念しているのは、セキュリティー面の問題でしょう。実際2017年中国で、店舗に掲示したバーコードの上に偽物のバーコードを表示し、送金先を店舗以外にすり替えるという詐欺事件が起こったことがあります。
しかし、現在日本で普及しているバーコード決算のセキュリティーは万全を期しています。店舗やお客様のアプリにバーコードを表示するシステムが主流のため、すり替えなどの心配は必要ありません。情報保護の国際基準に従っている管理会社が多く、高いセキュリティーで情報が保護されているため、顧客情報や店舗の経営情報などの漏洩についても、過度の心配は必要ないと言えます。

通信環境や携帯電話によって左右されやすい

バーコード決算は、端末での処理となるため、店舗の通信環境が悪いと、バーコードを上手く表示できなかったり、読み取れなかったりする可能性があります。また、災害による停電やお客様の端末が通信制限や充電が切れた場合、全く使用できなくなる恐れがあります。充電の対策としては、店舗に充電システムを置くことができますが、災害などによるトラブルに関しては対処ができないという点は、バーコード決済の今後の課題と言えるでしょう。

バーコード決済は、便利でお得!

バーコード決済の導入は、美容サロンにとっても、利用するお客様にとっても、大きなメリットが期待できます。新しいサービスのため、まだまだデメリットや課題はあるものの、相対的に見るとプラスの要素が大きい決済サービスと言えるでしょう。今後ますます利用者が増加することが予想されるため、早い段階で導入しておくことをおすすめします。
是非、あなたのサロンでも、バーコード決済の導入を検討してみてはいかがでしょうか。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム