美容サロン向けITソリューションサイト 株式会社ティビィシィ・スキヤツト

脱毛の美容サロンを開業したい!必要な資格や資金と開業までの流れ

HOME > お役立ち情報 > 脱毛の美容サロンを開業したい!必要な資格や資金と開業までの流れ
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
工夫次第では設備投資も比較的少額で始められる脱毛の美容サロン。手軽さもあってか、毎年多くのサロンが開業しています。サロンを開業するためには、何が必要でどんな手続きをすればいいのでしょうか?サロン開業に必要な資格、資金の調達方法、開業までの流れや手続きなどを、業界で生き残るヒントも交えながら紹介します。

美容サロンの脱毛と医療脱毛の違いとは?


脱毛には、シェービングや毛抜きなどによる自己処理から、最新の機器を使った方法までいろいろな方法があります。最も有効とされているのは、毛根とその周囲に強力なダメージを与え脱毛するはレーザー脱毛です。しかし使い方を誤ると肌にダメージを与える可能性が高いので、医師のいる医療機関でしか施術できません。
美容サロンでの施術としては、レーザーの代わりに出力を押さえた光を使った光脱毛、毛穴の中に針を差し込み毛根の組織を破壊するニードル脱毛、ワックスで脱毛し一時的にツルツルにするワックス脱毛などがあります。

脱毛の美容サロンを開業するために必要な資格と資金

脱毛の美容サロンを開業し、施術を行うために必要な資格はありません。美容サロンの一種ですが、美容師の免許もいりません。設備をそろえ、届出などの手続きをすれば誰でも開業できます。
ただ、安全性が高い機器を使っても使い方を誤れば事故は起こり得ますし、衛生管理を怠れば感染症などのリスクも高まります。トラブルを防ぎ、お客さまにも安心して施術を受けていただくためにも知識や技術の習得は必要不可欠です。知識や技術を習得するためには、専門のサロンで働いて経験を積んだり、専門学校などで学んだりするのが最も確実でしょう。また、エステティック業の団体などが行なっている講習を受けるという方法もあります。サロンの脱毛に関する「国家資格」はありませんが、民間の「認定資格」はあるので取得できるものは取得しておきましょう。なお、民間の認定資格には、実務経験などが必要なものもあるので、あらかじめ要件を調べておくことをおすすめします。
そして、脱毛サロンを開業するためには、知識と経験のほかにも資金が必要です。施術をすることだけ考えるなら、脱毛の機器とベッドがあればいいのかもしれませんが、お客さまに足を運んでもらう以上、居心地のいい空間づくりは欠かせません。

美容脱毛の民間資格を取るメリットと資格の選び方

サロン開業には必要のない「民間資格」をとる最大のメリットは、資格がお客様にとって客観的な安心材料となることです。
脱毛の美容サロンに直接関わる資格としては、一般社団法人日本エステティック振興協議会の『認定美容ライト脱毛エステティシャン』、AEA(米国電気脱毛協会)が推奨する『CPE(認定電気脱毛士:Certified Professional Electrologist)、日本ブラジリアンワックス協会『認定講師』などがあります。自分がどのような施術をするサロンを開きたいかに合わせて資格を選びましょう。

脱毛の美容サロンを開業するために必要な資金の算出方法

脱毛の美容サロンを開業するには、どのくらいの資金が必要なのでしょうか。まず必要な経費としては、下記のようなものがあります。
・サロンを開く場所+内装工事費
・脱毛に使う機材代
・ベッドなどの備品費
・消耗品費
・当面の運転資金
自宅の一部でサロンを開く場合は内装費だけで済みますが、物件を借りる場合は家賃の他にも保証金などの初期費用がかかります。また、脱毛に使う業務用機材は、購入すると1台200万円~400万円必要です。費用を抑える方法としては、月々の料金を支払い、脱毛の機材をリースやレンタルする方法があります。月々の支払い金額は、借りる脱毛器の種類や契約期間で変わります。

開業のために必要な自己資金と足りない資金の調達方法

開業資金や運転資金が自己資金でまかなえればいいのですが、足りない場合は「借りる」という方法があります。とは言っても、銀行などの金融機関は実績もない段階ではなかなか融資はしてくれません。使い道の自由なフリーローンもありますが、金利は高くなります。開業のために必要な資金の貸付は「創業融資」と呼ばれ、『日本政策金融公庫』や自治体が保証人となって金融機関から融資を受ける『制度融資』を利用するのが一般的です。創業融資を受けるためには、信用情報や自己資金額に加え、創業計画書の内容も重要になります。

脱毛の美容サロンを開業するまでの流れと必要な手続き

ここからは脱毛の美容サロンを開業するまでの具体的な流れを説明していきましょう。開業までの流れは下記の通りです。
1.お店のコンセプトを決め、事業計画書を作成する
2.事業計画に合った物件や内装業者を探す
3.融資が必要な場合は融資の手続きをする
4.物件の内装工事・備品・機器の設置
5.集客のための広告活動
6.税務署などへの届け出
7.開業
これらの順番は前後することがあります。開業へ向けた準備が忙しくなると、ついつい忘れがちになるのが広告活動です。やっとの思いで開業にこぎつけても、お客さまに来てもらえなくてはサロンを続けることが難しくなってしまいます。お客さまの心にしっかりと届く広告をつくるためには、次のようなことに気をつけましょう。
・サロンの雰囲気を画像なども交えてしっかりと伝える
・サロンの特徴や得意とするところを明確にする
・サロンの場所や連絡先もしっかりと記載する
お客さまは初めてのサロンに行くとき少なからず不安を持っています。可能な限りお店の雰囲気や情報を開示することで、その不安を軽減させることができるでしょう。

コンセプト作りは魅力的なサロンづくりに欠かせない要素

コンセプトとは、どんな客層をターゲットにどんな施術をしたいか、その理想をかなえるためにはどんな設備や環境が必要かをまとめたものです。具体的には、サロンの信念や目標、心構え、メインターゲット、どのような空間や技術を提供するかなどを決めます。
このコンセプトを計画段階からしっかりと定めておかないと、焦点がぼやけてしまい魅力的なお店になりません。コンセプトを決める時は、どんなお客さまに来て頂きたいのかという「メインターゲット」をまず決めましょう。そしてメインターゲットとしたお客さまに選んでいただけるお店作りを目指してください。

脱毛の美容サロンに適した物件探しのポイント

どこにサロンを開業するか、場所選びも重要です。脱毛サロンはお客さまにとって、入店する姿を見られたくない種類のお店ということもあるでしょう。人通りの多い路地に面した1階に店を構えるよりは、建物の2階以上や人通りの少ない住宅地などの方が入りやすいお店ができます。商業ビルではなく、賃貸マンションの1室を借りて開業しているサロンもあります。脱毛の美容サロンはそれほど広い場所や特別な設備を必要としないため、場所選びも比較的自由にできるでしょう。物件を借りる場合は、理想を追求するあまり固定費である家賃が高額にならないよう注意してください。

脱毛の美容サロンを開業するときに必要な手続き

個人事業主として1人で脱毛の美容サロンを開業するときには、どのような手続きが必要なのでしょうか。脱毛の美容サロンの開業では、保健所への届け出は不要です。届け出は税金関係が主となります。具体的には、税務署への「個人事業の開廃業等届出書」です。国税庁のHPから届出用紙をダウンロードすることができるので、開業から1ヶ月以内に管轄の税務署へ提出しましょう。加えて、税の優遇を受けられる「青色申告」をする場合には「青色申告承認申請書」が必要になります。また、都道府県税事務所や市町村に開業を届ける「個人事業開始申告書」も提出しておきましょう。

脱毛美容業界を生き抜けるお店を作るために


脱毛の美容サロン業界では厳しい競争が続いていて、開業したサロンの半数が1年以内、3年後には90%が廃業しています。価格競争も激しく、大手サロンの中には、個人経営のサロンには太刀打ちできない価格設定で営業しているところもあります。でも、生き残っている小規模なサロンがないわけではありません。確かな技術力と居心地のいい空間があれば、多少値段が高くても選んでくれるお客さまはいます。大手にはできないきめ細やかなサービスをするなど付加価値をつけ、お客さまに選ばれるオンリーワンのサロンを目指しましょう。
  • LINEで送る
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まずはお気軽にご相談ください

お電話でのお問い合わせはこちら

03-5623-9676

受付時間:9:00~18:00(土日祝日は除く)

※お客様応対の品質向上及び通話内容の確認のため、
録音する場合があります。

メールでのお問い合わせはこちら

お問い合わせ・資料請求フォーム